2004.08.23

咽頭結膜熱は減少中だが高い水準続く、感染症週報第32週から

 国立感染症研究所感染症情報センターが8月20日に公表した2004年第32週(8月2日〜8月8日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、咽頭結膜熱は第29週をピークに3週連続して減少した。腸管出血性大腸菌感染症が本週も190例と高水準で推移している。

 咽頭結膜熱(プール熱)の定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)の全国平均値は第31週の1.01から0.80に減少した。しかし、いまだに2003年までの過去10年のすべての年間最大値を上回る状況になっている。都道府県別では福井県(2.4)と北海道(1.6)が多い。

 腸管出血性大腸菌感染症は190例と多かった。都道府県別では宮城県が21例と多く、岡山県(14例)、東京都(13例)、福岡県(12例)などが多かった。

 手足口病は第20週から第29週頃まで緩やかに増加し、その後横ばいになっている。例年は28、29週をピークとして比較的速やかに増加・減少しており、今年はやや特徴的なパターンで推移している。ただし、過去10年の年間最高値よりはかなり低く、流行規模は小さいようだ。都道府県別では大分県(4.9)、北海道(4.0)、長野県(3.5)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(8月12日集計分)。

 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ2例(国内1例、フィリピン1例)、細菌性赤痢14例、腸チフス1例、パラチフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症190例(うち有症者116例)。
 4類感染症:デング熱3例、日本紅斑熱1例、レジオネラ症2例。
 5類感染症:アメーバ赤痢3例、ウイルス性肝炎4例(いずれもB型)、後天性免疫不全症候群14例(AIDS5例、無症候7例、その他2例)、梅毒4例、破傷風1例。

 詳しくは、感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476