2004.08.23

咽頭結膜熱は減少中だが高い水準続く、感染症週報第32週から

 国立感染症研究所感染症情報センターが8月20日に公表した2004年第32週(8月2日〜8月8日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、咽頭結膜熱は第29週をピークに3週連続して減少した。腸管出血性大腸菌感染症が本週も190例と高水準で推移している。

 咽頭結膜熱(プール熱)の定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)の全国平均値は第31週の1.01から0.80に減少した。しかし、いまだに2003年までの過去10年のすべての年間最大値を上回る状況になっている。都道府県別では福井県(2.4)と北海道(1.6)が多い。

 腸管出血性大腸菌感染症は190例と多かった。都道府県別では宮城県が21例と多く、岡山県(14例)、東京都(13例)、福岡県(12例)などが多かった。

 手足口病は第20週から第29週頃まで緩やかに増加し、その後横ばいになっている。例年は28、29週をピークとして比較的速やかに増加・減少しており、今年はやや特徴的なパターンで推移している。ただし、過去10年の年間最高値よりはかなり低く、流行規模は小さいようだ。都道府県別では大分県(4.9)、北海道(4.0)、長野県(3.5)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(8月12日集計分)。

 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ2例(国内1例、フィリピン1例)、細菌性赤痢14例、腸チフス1例、パラチフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症190例(うち有症者116例)。
 4類感染症:デング熱3例、日本紅斑熱1例、レジオネラ症2例。
 5類感染症:アメーバ赤痢3例、ウイルス性肝炎4例(いずれもB型)、後天性免疫不全症候群14例(AIDS5例、無症候7例、その他2例)、梅毒4例、破傷風1例。

 詳しくは、感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13