2004.08.20

在宅看護研究センター公開ワークショップ 第2回開催

 在宅看護研究センターは9月25日、公開ワークショップの第2回目を開催する。テーマは「頼りになりますか?在宅看護(2)〜どうする?乳幼児から若年層の在宅ケア〜」。「子どもが病気や障害を抱えたら」「若い人ががんになり、住み慣れた自宅で療養するには」などといった課題に対して、看護師らがどのような解決策を示せるのか提案する。

 具体的に取り上げるテーマは、1.「こんな看護が欲しい」〜在宅看護に望まれる様々な声、2.子どもが病気や障害を抱えた時、在宅でのサポート体制をどうする?、3.若い人ががんにかかったとき、どうサポートする?、4.医療依存度が高くても住み慣れた家で・・・、など。

 日時は9月25日(土)14:00〜18:30(開場13:40)。場所は早稲田奉仕園 スコットホール222号室(地下鉄東西線:早稲田駅B3出口または2番出口より徒歩5分)。参加費は一般3500円、学生2000円(税込、参加費は事前に振り込む)。

 申し込み要項は、1.名前、2.郵便番号・住所、3.電話・FAX番号、4.E-mailアドレス、5.職種・勤務先名・所属など、6.今回語りたいこと 今困っていること、問題と感じていることなど(できるだけ具体的に)の6項目を記入の上、FAX・E-mailのいずれか,または電話連絡にて申し込む。

 申し込み・問い合わせ先は、在宅看護研究センター(担当;永野、〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4−9−11、TEL:03-5386-2427、FAX:03-5386-0662、E-mail: info-w@e-nurse.ne.jp )。

 詳しくはホームページのこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176