2004.08.20

ベトナムのトリインフルエンザ感染、死亡の3人ともH5N1感染と判明

 世界保健機関(WHO)は8月18日、8月2日から6日にかけて、トリインフルエンザ感染によって相次いで死亡した3人はすべて高病原性トリインフルエンザウイルスH5N1による感染であることが確定したと発表した。今のところ、ほかに新規の患者は発生していない。

 WHOでは日本の国立感染症研究所を含む国際インフルエンザサーベイランスネットワークの協力研究機関に3人の検体を送付してウイルスの遺伝子シーケンスを調べ、今回のウイルスにヒト型インフルエンザの遺伝子が入っていないかどうかを調べる計画だ。併せて、WHOではベトナム保健省に協力して、人間の感染例についてのサーベイランスを強化する。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13