2004.08.19

レトロゾール、術後アジュバント療法終了後の早期乳癌患者治療薬としてスイスで承認取得

 ノバルティスは8月18日、アロマターゼ阻害薬のレトロゾール(一般名)について、ホルモン受容体陽性、またはホルモン受容体不明の閉経後早期乳癌患者に対し、5年間のタモキシフェンによるアジュバント療法終了後の治療薬として、スイスで効能追加の承認を得たと発表した。スイスNovartis社が8月12日に発表した内容を国内向けに伝えた。

 この承認はカナダ国立癌研究所臨床試験グループが主導したMA-17試験の結果に基づくもの。5187人の閉経後早期乳癌患者を対象としたプラセボ対照比較試験で、レトロゾール投与により、タモキシフェンによるアジュバント療法終了後の閉経後早期乳癌患者の遠隔転移による再発率がプラセボに対し、有意に42%減少した。また、中央値2.5年間の観察期間中、リンパ節転移陽性の患者の死亡率はプラセボに対して39%有意に減少したという。

 米国食品医薬品局(FDA)は、レトロゾールの術後アジュバント療法終了後の早期乳癌患者治療に対するNovartis社の今年4月の追加適応申請に対し、6カ月以内の可否決定を行う優先審査品目に指定しており、年内にも承認される可能性がある。

 本件についてのノバルティスのプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18