2004.08.19

レトロゾール、術後アジュバント療法終了後の早期乳癌患者治療薬としてスイスで承認取得

 ノバルティスは8月18日、アロマターゼ阻害薬のレトロゾール(一般名)について、ホルモン受容体陽性、またはホルモン受容体不明の閉経後早期乳癌患者に対し、5年間のタモキシフェンによるアジュバント療法終了後の治療薬として、スイスで効能追加の承認を得たと発表した。スイスNovartis社が8月12日に発表した内容を国内向けに伝えた。

 この承認はカナダ国立癌研究所臨床試験グループが主導したMA-17試験の結果に基づくもの。5187人の閉経後早期乳癌患者を対象としたプラセボ対照比較試験で、レトロゾール投与により、タモキシフェンによるアジュバント療法終了後の閉経後早期乳癌患者の遠隔転移による再発率がプラセボに対し、有意に42%減少した。また、中央値2.5年間の観察期間中、リンパ節転移陽性の患者の死亡率はプラセボに対して39%有意に減少したという。

 米国食品医薬品局(FDA)は、レトロゾールの術後アジュバント療法終了後の早期乳癌患者治療に対するNovartis社の今年4月の追加適応申請に対し、6カ月以内の可否決定を行う優先審査品目に指定しており、年内にも承認される可能性がある。

 本件についてのノバルティスのプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176