2004.08.18

NEC子会社が中小病院向けの電子カルテ 1床当たり70万円から、最短5カ月で導入可能

 NECシステムテクノロジー(株)は8月16日、中小病院向け電子カルテの新製品「SyntheScope」の販売を始めたと発表した。主に300床以下の病院を対象としており、1床当たりの導入コストを70万〜80万円と比較的安価に設定した。

 SyntheScopeは、(1)診察記録機能、(2)オーダー機能、(3)病棟支援機能−−の3機能をパッケージ化した製品。設計から稼働まで、最短で約5カ月あれば導入できるとしている。このほか、常に最新の機能を使い続けられるように、約12カ月ごとに機能改善や新機能を追加する。保守サービスの契約者は、新たな追加費用なしでバージョンアップが可能となる。

 SyntheScopeのパッケージ価格は3150万円から、保守契約料金は年間で315万円から。同社は今後3年間で100セットの販売を見込む。
(川崎慎介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1