2004.08.18

【Pharma Business】 フロム・ニュージャージー:米国市場への最適なエントリー戦略とは(上)

 米国に自社の拠点を築いて何らかの医薬品ビジネスを展開しようとしている、あるいはかつて展開しようとした日本の製薬企業は30社以上に上る。各企業は米国上陸に際して様々な戦略を取っているが、そのうち代表的な三つについて、それぞれの特徴や留意すべき点に触れてみよう。一つ目は、自社の研究所で発見した化合物の安全性と有効性を示唆する臨床データを得ることを目的に、米国で第II相臨床試験までを実施する戦略である。有用なデータが得られれば、欧米市場における権利を、現地での開発および製造・販売能力を有し
ているパートナーに導出する。欧米における大規模な第III相臨床試験や販売許可の取得、販売促進など大きな投資を必要とする業務は、パートナーに委ねるわけだ(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:205
  2. 勤務医の仕事を変える「200床未満への減床」 記者の眼 FBシェア数:24
  3. 日医会長選挙で横倉氏が4選 NEWS FBシェア数:25
  4. 尿道カテーテルをめぐる若手ナースの背景 病院珍百景 FBシェア数:42
  5. 中等度CKD患者にもメトホルミンは使える JAMA Intern Med誌から FBシェア数:2
  6. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:7
  7. 冠動脈疾患ではSBPよりDBP重視の降圧が有効 学会トピック◎第28回欧州高血圧学会(ESH 2018) FBシェア数:46
  8. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  9. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:181
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:179
医師と医学研究者におすすめの英文校正