2004.08.18

【Pharma Business】 フロム・ニュージャージー:米国市場への最適なエントリー戦略とは(上)

 米国に自社の拠点を築いて何らかの医薬品ビジネスを展開しようとしている、あるいはかつて展開しようとした日本の製薬企業は30社以上に上る。各企業は米国上陸に際して様々な戦略を取っているが、そのうち代表的な三つについて、それぞれの特徴や留意すべき点に触れてみよう。一つ目は、自社の研究所で発見した化合物の安全性と有効性を示唆する臨床データを得ることを目的に、米国で第II相臨床試験までを実施する戦略である。有用なデータが得られれば、欧米市場における権利を、現地での開発および製造・販売能力を有し
ているパートナーに導出する。欧米における大規模な第III相臨床試験や販売許可の取得、販売促進など大きな投資を必要とする業務は、パートナーに委ねるわけだ(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423