2004.08.18

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:ドラッグデリバリー技術でよみがえる注射剤(下)

 徐放型注射剤は、必要な注射回数が少なくて済み、医療機関はその分だけ治療コストを削減できる。医師の手間や、使用する注射針、注射器を減らせるからだ。しかし、何と言っても最大の利点は、1日1回の注射を1週間に1回、あるいは1カ月に1回にすることで、患者を入院させなくとも治療できることだ。ベッドを置くためのスペースなどを削減できる効果は、莫大である。製薬企業にとっては、製品価格を抑えられるメリットもある。30日分を一つの製剤にまとめた方が、製造コストが削減できるだけでなく、保管や流通にかかる費用も抑えられるからだ。さらに、特許の期限切れが近い製品を徐放型に改良することで、ジェネリックの参入を防止することも可能になる(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:367
  2. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:8
  3. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:232
  4. 小型植え込み心電計が小型すぎてヤバい 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:226
  5. 意識の高い大学は新「大学入学共通テスト」をどう見… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:2
  6. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:10
  7. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:6
  8. 低体重者のOGTT、血糖上昇は生理的反応を含む 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:2
  9. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:10
  10. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:26