2004.08.18

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:ドラッグデリバリー技術でよみがえる注射剤(下)

 徐放型注射剤は、必要な注射回数が少なくて済み、医療機関はその分だけ治療コストを削減できる。医師の手間や、使用する注射針、注射器を減らせるからだ。しかし、何と言っても最大の利点は、1日1回の注射を1週間に1回、あるいは1カ月に1回にすることで、患者を入院させなくとも治療できることだ。ベッドを置くためのスペースなどを削減できる効果は、莫大である。製薬企業にとっては、製品価格を抑えられるメリットもある。30日分を一つの製剤にまとめた方が、製造コストが削減できるだけでなく、保管や流通にかかる費用も抑えられるからだ。さらに、特許の期限切れが近い製品を徐放型に改良することで、ジェネリックの参入を防止することも可能になる(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108