2004.08.18

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:ドラッグデリバリー技術でよみがえる注射剤(下)

 徐放型注射剤は、必要な注射回数が少なくて済み、医療機関はその分だけ治療コストを削減できる。医師の手間や、使用する注射針、注射器を減らせるからだ。しかし、何と言っても最大の利点は、1日1回の注射を1週間に1回、あるいは1カ月に1回にすることで、患者を入院させなくとも治療できることだ。ベッドを置くためのスペースなどを削減できる効果は、莫大である。製薬企業にとっては、製品価格を抑えられるメリットもある。30日分を一つの製剤にまとめた方が、製造コストが削減できるだけでなく、保管や流通にかかる費用も抑えられるからだ。さらに、特許の期限切れが近い製品を徐放型に改良することで、ジェネリックの参入を防止することも可能になる(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4