2004.08.18

ファイザー、アトルバスタチンの心臓発作リスク軽減の適応についてFDAの承認を取得

 ファイザーと山之内製薬は8月17日、高脂血症治療薬のスタチン製剤であるアトルバスタチン(正式な一般名はアトルバスタチンカルシウム水和物、国内での商品名はリピトール)について、米国食品医薬品局(FDA)から8月4日付けで心臓発作リスク軽減の適応承認を得たと発表した。これは8月4日に米Pfizer社が発表したプレスリリースを国内向けに翻訳・発表したもの。

 新たな適応は、血清コレステロール値が正常かやや高めで、コレステロール値以外の心血管系疾患リスクを持つ患者に対し、心臓発作リスクを軽減することで心血管系疾患を予防するというもの。この決定は大規模臨床試験ASCOT(Anglo-Scandinavian Cardiac Outcomes Trial)の成績に基づく。同試験でアトルバスタチンは1日10mg投与により、プラセボに対する心臓発作の相対リスクが36%減少し、試験は予定より2年間早く打ち切られた。

 本件についてのファイザーのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18