2004.08.17

【先取り!日経DI】 9月号特集は「『独立開局』のためのノウハウ公開」

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は9月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
「独立開局」のためのノウハウ公開

 9月号は「独立開局」をテーマに特集を組みます。チェーン薬局が全盛の昨今ですが、勤務薬剤師として修行を積んだ後に独立、開局という道を選ぶ薬剤師もまだたくさんおられます。小誌ではこれまでほとんど扱ってこなかったテーマなので、今回は、体験談を交えながら、開局のための基本的な知識をまとめる予定です。すでに開局を現実のものとして考え始めている薬剤師だけでなく、薬局や病院に勤めながら「いつかは開局を」とぼんやり思っている若い薬剤師にも、道標を示せるような記事にできればと考えています。

 Reportは、医師への情報提供文書の書き方がテーマです。処方変更による患者の体調変化、副作用が疑われる症状の発現など、薬物療法を進める上で薬剤師の目から医師に情報提供する必要がある場面は少なくありません。医師に情報を提供する際の“ポイントを押さえ方”を、経験豊富な薬剤師の実践例から学ぶ記事にしたいと思っています。

 お盆休みや2冊の別冊作業、さらにオリンピック観戦も加わって(?)、非常にタイトなスケジュールになっております。無事、9月号を発行できるようガンバってます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051