2004.08.17

東京都内の80歳男性、高齢者施設のO157集団感染で死亡、国内で今年2例目

 東京都は8月16日、都内で80歳男性がO157感染によって死亡したと発表した。死亡したのは江東区内の高齢者福祉施設に入所していた80歳の男性で、7月29日から下痢症状があり、8月2日には意識障害が始まり、8月8日に死亡した。検査の結果、8月16日までに腸管出血性大腸菌O157とベロ毒素を検出し、感染が判明したもの。

 同施設では、7月29日から8月5日にかけて同施設内で入所者と職員に下痢症状が発生し、8月13日までに死亡男性を除く8人についてO157陽性が確認されている。検査用の保存食からはO157を検出していないため、食中毒の可能性は低いという。

 腸管出血性大腸菌感染症は高齢者や乳幼児が感染すると脳症などを併発して死亡することもあり、注意を要する。国立感染症研究所感染症情報センターによれば、今年は8月1日までに全国で累計1668人が感染している。本件以外に70歳女性1人が死亡している。

 本件についての東京都のプレスリリースはこちらで閲覧することができる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正