2004.08.16

米国西ナイル熱発症者500人超す、血液バンクでの発見例も

 米国で西ナイル熱ウイルス感染による発症者が500人を超えた。蚊の活動が活発な8〜9月にはさらに患者が多発すると見られ、過去最大だった2003年を上回る規模の流行になる恐れがある。

 米疾病対策センター(CDC)が発表した8月10日現在の全米における西ナイル熱発症者は、熱症が147人、脳炎・髄膜炎が192人、その他の症状が156人。合計495人で、このうち死亡が10人となっている。CDCによる全米の集計・状況確認・発表には時間を要するため、各州が把握している発症者の合計は既に500人を超えている。実際、8月13日時点でカリフォルニア州の発症者は169人、うち死亡5人(CDC発表ではそれぞれ、102人、2人)に達している。

 蚊による感染のほか、本人が無症候のまま、血液バンクで感染が発見された例がカリフォルニア州だけで8例確認されている。蚊を介したヒト−ヒト感染は起きないが、輸血や移植、検体採取時の針刺しなどによって感染することは明らかになっており、ハイリスク者の献血禁止や献血血液のスクリーニング強化の両面での感染防止が必要となる。日本では厚生労働省が日本赤十字社と都道府県に対し、7月13日付けで北米からの帰国後の献血禁止期間を従来の3週間から4週間に延長する旨の通知を行っている。

 西ナイル熱に関するCDCの最新情報はこちら、カリフォルニア州の情報はこちらのサイトで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256