2004.08.16

咽頭結膜熱は2週連続減少、腸管出血性大腸菌感染症が約200例と多く

 国立感染症研究所感染症情報センターが8月13日に公表した2004年第31週(7月26日〜8月1日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、咽頭結膜熱(プール熱)は第29週にピークに達した後、30週、31週と連続して減少し、定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)の全国平均値は1.01になった。ただし、2003年までの過去10年のすべての年間最大値を上回る状況は続いている。都道府県別では福井県(2.7)北海道(2.1)、長野県(2.1)が多い。

 腸管出血性大腸菌感染症は198例と第29週の213例に次いで多かった。都道府県別では、長崎県(26例)、東京都(15例)、兵庫県(14例)、香川県(14例)などが多い。第31週までの累積では、石川県(150例)、東京都(133例)、大阪府(122例)、岡山県(107例)が多かった。

 コレラは第31週までの累計が39例で、発症日が不明の1例を除く38例のうち20例が6月に発症している。6月の20例中16例の推定感染地域がフィリピンだった。7月は8例に減少したが、このうち6例の推定感染地域がやはりフィリピンと発表されている。感染者はなぜか全員男性で、O1エルトール小川型のコレラ菌に感染していたが、疫学的関連性はないという。感染症情報センターでは、例年7〜9月がコレラ感染のピークだとして注意を促している。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(8月5日集計分)。
 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ2例(インド1例、フィリピン1例)、細菌性赤痢9例、腸チフス1例、パラチフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症198例(うち有症者132例)。長崎県(26例)、東京都(15例)、兵庫県(14例)、香川県(14例)が多い。
 4類感染症:オウム病(1例)、ツツガ虫病1例、日本紅斑熱2例、ライム病1例、レジオネラ症1例、レプトスピラ症1例。
 5類感染症:アメーバ赤痢12例、ウイルス性肝炎3例(いずれもB型)、クロイツフェルト・ヤコブ病5例、後天性免疫不全症候群13例(AIDS3例、無症候9例、その他1例)、ジアルジア症3例、梅毒6例、破傷風1例。

 詳しくは、感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正