2004.08.10

西ナイル熱感染疑いの沖縄女性は陰性、ただし確定診断にはまだ時間要する

 厚生労働省は8月9日、米国からの帰国時に脳炎様の症状があった沖縄県在住の女性について、国立感染症研究所で確認検査を実施したところ、これまでの検査では西ナイル熱ウイルスの感染は確認されなかったと発表した。

 8月9日までに実施された検査は、遺伝子の検出と抗体検査で、いずれも陰性、または陽性と確認できない結果だった。遺伝子検査としては、逆転写PCR検査とリアルタイム逆転写PCR検査、遺伝子シーケンス検査を実施した。抗体検査としては、血清と髄液におけるIgM抗体と、日本脳炎ウイルスについてのIgG抗体検査を実施したが、陽性反応は得られなかった。

 今後、確定診断のため、引き続きウイルス検出とペア血清による抗体価上昇の確認が行われる。ウイルス検出には数日から1〜2週間程度、ペア血清診断にも同程度の期間を要する見通しだ。

 厚生労働省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94