2004.08.10

西ナイル熱感染疑いの沖縄女性は陰性、ただし確定診断にはまだ時間要する

 厚生労働省は8月9日、米国からの帰国時に脳炎様の症状があった沖縄県在住の女性について、国立感染症研究所で確認検査を実施したところ、これまでの検査では西ナイル熱ウイルスの感染は確認されなかったと発表した。

 8月9日までに実施された検査は、遺伝子の検出と抗体検査で、いずれも陰性、または陽性と確認できない結果だった。遺伝子検査としては、逆転写PCR検査とリアルタイム逆転写PCR検査、遺伝子シーケンス検査を実施した。抗体検査としては、血清と髄液におけるIgM抗体と、日本脳炎ウイルスについてのIgG抗体検査を実施したが、陽性反応は得られなかった。

 今後、確定診断のため、引き続きウイルス検出とペア血清による抗体価上昇の確認が行われる。ウイルス検出には数日から1〜2週間程度、ペア血清診断にも同程度の期間を要する見通しだ。

 厚生労働省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239