2004.08.10

西ナイル熱感染疑いの沖縄女性は陰性、ただし確定診断にはまだ時間要する

 厚生労働省は8月9日、米国からの帰国時に脳炎様の症状があった沖縄県在住の女性について、国立感染症研究所で確認検査を実施したところ、これまでの検査では西ナイル熱ウイルスの感染は確認されなかったと発表した。

 8月9日までに実施された検査は、遺伝子の検出と抗体検査で、いずれも陰性、または陽性と確認できない結果だった。遺伝子検査としては、逆転写PCR検査とリアルタイム逆転写PCR検査、遺伝子シーケンス検査を実施した。抗体検査としては、血清と髄液におけるIgM抗体と、日本脳炎ウイルスについてのIgG抗体検査を実施したが、陽性反応は得られなかった。

 今後、確定診断のため、引き続きウイルス検出とペア血清による抗体価上昇の確認が行われる。ウイルス検出には数日から1〜2週間程度、ペア血清診断にも同程度の期間を要する見通しだ。

 厚生労働省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769