2004.08.10

副作用を伝える、尋ねる、見つけ出す。今日から使える5つのテクニック−−日経DIの特集

最新号表紙画像 副作用の早期発見が薬局薬剤師の重要な役割としてクローズアップされてきている。コンプライアンスを低下させずに副作用の初期症状をしっかり伝え、さらに患者の身体の異変をいち早く察知するには−−。薬局で副作用の早期発見に成功した事例と、そこから導き出されたすぐに現場で使える5つのテクニックをまとめた。

 日経ドラッグインフォメーション8月号のリポートは、「「副作用を伝える、尋ねる、見つけ出す。今日から使える5つのテクニック」です。このほかの主な内容は下記の通り。

リポート 
 知っておきたい、麻薬管理の基礎知識。免許申請から管理の実際、盗難対策まで

 近年、癌の疼痛緩和の目的で麻薬が処方されるケースが増えている。これまでは院内で扱われることが多かった麻薬だが、医薬分業の進展に伴い、院外処方せんで出ることも珍しくなくなってきた。だが、麻薬小売業者の免許を取得している薬局は約半数にとどまっている。面分業が広がりつつある中、いつ何時麻薬処方せんが持ち込まれるかわからない。薬局で麻薬を扱うためのポイントをまとめた。

DIクイズ:服薬指導−1 
 喘息治療薬の吸入で刺激を感じた理由

DIクイズ:服薬指導−2 
 外用抗真菌剤の剤形の使い分け

DIクイズ:処方せんを読む
 高山病予防に処方された炭酸脱水酵素阻害剤

 詳しくは、日経ドラッグインフォメーション8月号(8月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176