2004.08.10

日経メディカル8月号特集、今日からできるインスリン導入

 SU薬の投与を続けても、HbA1cは9〜10%のまま・・・。こんな2型糖尿病患者を抱えている開業医の多くが、インスリン導入に踏み切れずにいる。「患者が導入に抵抗する」「外来では管理が難しい」のが大きな理由。だが、最近登場した2種類のインスリン製剤を使えば、患者の負担が少なく、低血糖のリスクも減少し管理は容易だ。

 埼玉県和光市で開業する天野教之氏(天野医院院長)は、一昨年、自院の外来でインスリン導入を始めた一人。それまではインスリンが必要と判断した糖尿病患者は専門医に紹介していたが、「実際に何例か導入してみて、決して特殊な治療法ではないということが分かった」と天野氏は実感を込める。インスリン療法はもはや、糖尿病専門医の“職人芸”ではない。
(井田恭子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476