2004.08.10

日経メディカル8月号特集、今日からできるインスリン導入

 SU薬の投与を続けても、HbA1cは9〜10%のまま・・・。こんな2型糖尿病患者を抱えている開業医の多くが、インスリン導入に踏み切れずにいる。「患者が導入に抵抗する」「外来では管理が難しい」のが大きな理由。だが、最近登場した2種類のインスリン製剤を使えば、患者の負担が少なく、低血糖のリスクも減少し管理は容易だ。

 埼玉県和光市で開業する天野教之氏(天野医院院長)は、一昨年、自院の外来でインスリン導入を始めた一人。それまではインスリンが必要と判断した糖尿病患者は専門医に紹介していたが、「実際に何例か導入してみて、決して特殊な治療法ではないということが分かった」と天野氏は実感を込める。インスリン療法はもはや、糖尿病専門医の“職人芸”ではない。
(井田恭子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423