2004.08.06

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:ドラッグデリバリー技術でよみがえる注射剤(上)

 これまでドラッグデリバリー技術は、注射や点滴などの侵襲的投与法を改善することを目標としてきた。肺や鼻腔、皮膚、舌下を経由するドラックデリバリー技術を利用した製剤が、侵襲的投与法にとって代わるのではないかと考えられてきたのである。これが実現すれば、患者に不便さや不快感を強いる注射剤は、過去のものとなる可能性もあった。しかし、現実は予想とは異なる方向に進んでいる。非侵襲的ドラッグデリバリー技術に対する期待は薄れ、ドラッグデリバリーを利用した新しいタイプの注射剤に注目が集まっているからだ(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56