2004.08.05

日本オルガノンと明治製菓、うつ病治療薬のライセンス契約を締結

 明治製菓は8月4日、ニホンオルガノンとの間でうつ病治療薬「ミルタザピン」(一般名)についてのライセンス契約を締結したと発表した。契約自体は今年3月30日付けで締結しているが、その後、細部の調整を行い、このほど公表したもの。明治製菓は日本国内におけるミルタザピンの準独占的な開発・販売権を得る。両社は共同で開発を進め、承認取得後の販売も両社で行う予定だ。

 ミルタザピンはノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)と呼ばれる新クラスの治療薬で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)とは作用機序が異なる。抗うつ効果の発現が早く、5-HT関連の副作用が少ない利点があるという。1994年にオランダで発売して以来、現在では60カ国で販売している。

 既に日本オルガノンが第2相前期臨床試験まで実施済みで、この秋にも第2相後期臨床試験に入る。遅くても2011年までに上市したい(明治製菓)としている。ピーク時の売り上げ目標は両社で年間100億円を見込み、抗うつ薬市場の7%程度のシェア確保を目指す。

 明治製菓では感染症領域と中枢神経系領域を重点領域と位置付けており、ベルギーのSolvay社から導入したSSRIの「デプロメール」(一般名:マレイン酸フルボキサミン)とともに、ミルタザピンを主力商品の一つとして育てていきたい考えだ。この7月には中枢神経系領域専門のMRとして50人を配備しており、今後さらに増員していく構えだ。

 明治製菓のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256