2004.08.04

小麦アレルギー患者向けビスケットが小麦入りで子どもが重症に、製品は回収中

 東京都は8月2日、小麦アレルギー患者向けに薬局などで販売されているビスケットの原材料に小麦が使われており、これを食べた子どもが重篤なアレルギー症状を引き起こす健康被害があったと発表した。福井県からの連絡でビスケットを販売していた事業者を管轄の練馬区が調査したところ、原材料の一部に小麦を使用していたことが判明したもの。ビスケットに小麦を含む旨の表示がなく、小麦アレルギー患者向けとして販売されているため、練馬区では製品回収を指示した。

 製品を販売していたのは東京都練馬区に本社がある中田物産。表示違反があった商品は「アマランスプレーンビスコット」。143袋を販売し、これまでに35袋を回収している。アマランスは南米原産の穀物で、日本では小麦などが食べられないアレルギー患者向け食品に利用されている。この商品以外にも小麦を含む旨の表記がない小麦含有品を出荷している可能性があるため、併せて回収が行われている。

 事業者の連絡先や製品名の詳細は東京都のプレスリリースで確認できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正