2004.08.04

【脳卒中診療の将来に関するアンケート調査】No.4 どちらかと言えば軽視されている事項、「リハビリテーションの体制整備」が56.4%で1位



 引き続き、MedWaveが6月に実施した「脳卒中診療の将来に関するアンケート調査」の結果を報告する。調査は、世界脳卒中会議の速報サイトを開設したのに伴い実施した。6月23日から7月7日までに202人が調査に協した。本日は、脳卒中の治療において現在、どちらかと言えば軽視されていると考えられる事項について報告する。

 調査では、「リハビリテーションの体制整備」「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」「救急隊員との連携」「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」「医療費の問題」「患者の意思の尊重」「医師、病理、放射線、看護などのチーム間のコミュニケーション」などを提示し、どちらかと言えば軽視されている点を挙げてもらった。

 その結果、「リハビリテーションの体制整備」が56.4%ともっとも多くなった。これに「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」(55.4%)で続く。この2項目が50%を超えており、ほかの事項は30%未満だった(図9)。

 「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」も27.7%あったのが気にかかる。

 その他の項目には、「長期リハビリテーション体制」「超急性期の医療体制の不備」「専門医療機関が少ない」など、体制の未整備を指摘する声があった。また、「脳卒中は循環器疾患であるということの啓蒙」「一般人に対する啓蒙不足」「一般市民・ハイリスク患者に対する正しい情報提供」など、啓蒙活動の必要性を訴えるものも目立った。

 このほか「一般医師に対する、専門的な診断・治療技術の情報提供」や「新しい治療の承認が遅い」「保険点数が低い」など、治療面での指摘もあった。

 「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」に関連して、「担当医師が少ないので、みんな過労になっている」との指摘もあった。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130