2004.08.04

【脳卒中診療の将来に関するアンケート調査】No.4 どちらかと言えば軽視されている事項、「リハビリテーションの体制整備」が56.4%で1位

 引き続き、MedWaveが6月に実施した「脳卒中診療の将来に関するアンケート調査」の結果を報告する。調査は、世界脳卒中会議の速報サイトを開設したのに伴い実施した。6月23日から7月7日までに202人が調査に協した。本日は、脳卒中の治療において現在、どちらかと言えば軽視されていると考えられる事項について報告する。

 調査では、「リハビリテーションの体制整備」「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」「救急隊員との連携」「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」「医療費の問題」「患者の意思の尊重」「医師、病理、放射線、看護などのチーム間のコミュニケーション」などを提示し、どちらかと言えば軽視されている点を挙げてもらった。

 その結果、「リハビリテーションの体制整備」が56.4%ともっとも多くなった。これに「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」(55.4%)で続く。この2項目が50%を超えており、ほかの事項は30%未満だった(図9)。

 「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」も27.7%あったのが気にかかる。

 その他の項目には、「長期リハビリテーション体制」「超急性期の医療体制の不備」「専門医療機関が少ない」など、体制の未整備を指摘する声があった。また、「脳卒中は循環器疾患であるということの啓蒙」「一般人に対する啓蒙不足」「一般市民・ハイリスク患者に対する正しい情報提供」など、啓蒙活動の必要性を訴えるものも目立った。

 このほか「一般医師に対する、専門的な診断・治療技術の情報提供」や「新しい治療の承認が遅い」「保険点数が低い」など、治療面での指摘もあった。

 「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」に関連して、「担当医師が少ないので、みんな過労になっている」との指摘もあった。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25