2004.08.04

【脳卒中診療の将来に関するアンケート調査】No.4 どちらかと言えば軽視されている事項、「リハビリテーションの体制整備」が56.4%で1位

 引き続き、MedWaveが6月に実施した「脳卒中診療の将来に関するアンケート調査」の結果を報告する。調査は、世界脳卒中会議の速報サイトを開設したのに伴い実施した。6月23日から7月7日までに202人が調査に協した。本日は、脳卒中の治療において現在、どちらかと言えば軽視されていると考えられる事項について報告する。

 調査では、「リハビリテーションの体制整備」「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」「救急隊員との連携」「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」「医療費の問題」「患者の意思の尊重」「医師、病理、放射線、看護などのチーム間のコミュニケーション」などを提示し、どちらかと言えば軽視されている点を挙げてもらった。

 その結果、「リハビリテーションの体制整備」が56.4%ともっとも多くなった。これに「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」(55.4%)で続く。この2項目が50%を超えており、ほかの事項は30%未満だった(図9)。

 「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」も27.7%あったのが気にかかる。

 その他の項目には、「長期リハビリテーション体制」「超急性期の医療体制の不備」「専門医療機関が少ない」など、体制の未整備を指摘する声があった。また、「脳卒中は循環器疾患であるということの啓蒙」「一般人に対する啓蒙不足」「一般市民・ハイリスク患者に対する正しい情報提供」など、啓蒙活動の必要性を訴えるものも目立った。

 このほか「一般医師に対する、専門的な診断・治療技術の情報提供」や「新しい治療の承認が遅い」「保険点数が低い」など、治療面での指摘もあった。

 「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」に関連して、「担当医師が少ないので、みんな過労になっている」との指摘もあった。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16