2004.08.03

医療従事者の「燃え尽き」、ほとんどケアされず

 先日のメールマガジンで、どちらかと言えば軽視されがちな点で「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」が47.5%と高率だったことを報告しました。これに対し、「日本の医療環境の元では、患者さんと医師・医療者が向き合うのが精一杯で、高率に発生している医療従事者の『燃え尽き』は残念ながらほとんどケアがなされていないように感じています」とのお手紙をいただきました。何か手を打たなければ、日本の医療の土台が崩れてしまうのではないか、と心配になってしまいました。具体的なサポートをしている事例はないものでしょうか。ご意見、ご批判、お待ちしています。(三和)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 初めての通信ながら、非常に重要なご指摘をされていたのでメールさせていただきました。

 下の文章に書かれてあったことは、まさしく「意を得たり!」でした。「貧しい」日本の医療環境の元では、患者さんと医師・医療者が向き合うのが精一杯で、高率に発生している医療従事者の「燃え尽き」は残念ながらほとんどケアがなされていないように感じています。

=======================
先週のメールマガジンから

■先だって行いました「癌治療の将来に関するアンケート調査」では、どちらかと言えば軽視されがちな点で、「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」が47.5%と高率でした。医療関係者の置かれている環境、専門家ゆえのストレスなどを再考すべきことをうかがせています。癌治療に限らず、皆様のところでは、医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポートについて、具体的な対策をとっていらっしゃいますでしょうか。

=======================

 ある意味では、これは日本の貧弱なメンタルケアの状況を端的に示しているのでしょう。

 医療者と患者と双方がスクラムを組んで改善に取り組まなければ、コスト削減が叫ばれる現在と今後、より恐ろしい状況が生じているかも知れない、と危惧しています。

 ただ、患者サイドは医療の状況を十分に把握している訳でなく、医療者側は多忙かつストレスフルな日常の中で意見、考えの発信もおぼつかない状態で、互いに不幸な状態にあると思います。

 そこを繋ぎ、警鐘を鳴らし、社会の課題として取り上げていくのは医療ジャーナリズムだと思うのです。日本の医療ジャーナリズムの真価が問われていると思います。

 がん治療に限らない、非常に重要かつ、まだそこまで手が回っていない問題だと思います。そもそも、医療に携わる者は「燃え尽き」やすい立場にありますから(数年前のBMJにまさしくこのトピックに関する論評が掲載されていました)。


                   神戸アドベンチスト病院 内科
                     梁 知身(やん ちしん)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正