2004.08.03

医療従事者の「燃え尽き」、ほとんどケアされず

 先日のメールマガジンで、どちらかと言えば軽視されがちな点で「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」が47.5%と高率だったことを報告しました。これに対し、「日本の医療環境の元では、患者さんと医師・医療者が向き合うのが精一杯で、高率に発生している医療従事者の『燃え尽き』は残念ながらほとんどケアがなされていないように感じています」とのお手紙をいただきました。何か手を打たなければ、日本の医療の土台が崩れてしまうのではないか、と心配になってしまいました。具体的なサポートをしている事例はないものでしょうか。ご意見、ご批判、お待ちしています。(三和)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 初めての通信ながら、非常に重要なご指摘をされていたのでメールさせていただきました。

 下の文章に書かれてあったことは、まさしく「意を得たり!」でした。「貧しい」日本の医療環境の元では、患者さんと医師・医療者が向き合うのが精一杯で、高率に発生している医療従事者の「燃え尽き」は残念ながらほとんどケアがなされていないように感じています。

=======================
先週のメールマガジンから

■先だって行いました「癌治療の将来に関するアンケート調査」では、どちらかと言えば軽視されがちな点で、「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」が47.5%と高率でした。医療関係者の置かれている環境、専門家ゆえのストレスなどを再考すべきことをうかがせています。癌治療に限らず、皆様のところでは、医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポートについて、具体的な対策をとっていらっしゃいますでしょうか。

=======================

 ある意味では、これは日本の貧弱なメンタルケアの状況を端的に示しているのでしょう。

 医療者と患者と双方がスクラムを組んで改善に取り組まなければ、コスト削減が叫ばれる現在と今後、より恐ろしい状況が生じているかも知れない、と危惧しています。

 ただ、患者サイドは医療の状況を十分に把握している訳でなく、医療者側は多忙かつストレスフルな日常の中で意見、考えの発信もおぼつかない状態で、互いに不幸な状態にあると思います。

 そこを繋ぎ、警鐘を鳴らし、社会の課題として取り上げていくのは医療ジャーナリズムだと思うのです。日本の医療ジャーナリズムの真価が問われていると思います。

 がん治療に限らない、非常に重要かつ、まだそこまで手が回っていない問題だと思います。そもそも、医療に携わる者は「燃え尽き」やすい立場にありますから(数年前のBMJにまさしくこのトピックに関する論評が掲載されていました)。


                   神戸アドベンチスト病院 内科
                     梁 知身(やん ちしん)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476