2004.08.03

【先取り!日経DI】 8月号特集は「副作用を伝える、尋ねる、見つけ出す」

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は8月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
 8月号の特集は「副作用を伝える、尋ねる、見つけ出す」。副作用の初期症状を患者に上手に伝え、尋ね、見つけ出している薬剤師の方々を取材し、そのノウハウを抽出、「5つのテクニック」としてまとめました。薬の副作用は膨大にありますが、実際に記事に出てくるのはそのごく一部にすぎません。ですが、記事にある「副作用を患者からどう聞き出せばいいのか」という考え方は、いろいろな副作用に応用できるのではないかと思います。

 Interviewでは、前スイショー薬局調剤センター部長の網岡克雄氏にご登場いただいています。内容は特集と完全に連動していますので、ぜひ併せてお読みください。現場の薬剤師にとって、とても興味深いお話しではないかと思います。「薬局のための法律講座」では、薬剤師の患者への副作用伝達の法的意味を扱っています。

 Reportは「知っておきたい 麻薬管理の基礎知識」。記事を読めば「麻薬小売業者」の免許を取得し、薬局で麻薬を扱う上でのポイントが一通りわかると思います。これまで麻薬を敬遠していた薬局・薬剤師にこそ、ぜひ読んでもらいたい記事です(薬局から麻薬金庫が盗まれた事件の真相(?)も載ってます)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0