2004.08.02

パワーリハビリの節約効果は、要介護・要支援者1人当たり月額8.7万円

 日経ヘルスケア21の8月号のインタビューで国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁氏(写真)は、介護予防で注目を集めるパワーリハビリテーションの川崎市での試行事業の成績を公表した。

 それによると、2002〜2004年に試行事業に参加した高齢者79人のデータでは、要支援14人全員が非該当に、要介護1の39人のうち19人が非該当、5人が要支援に改善。79人全体では64人が改善していた。これらの要介護・要支援者が区分支給限度基準額を目一杯使っていると仮定すると、パワーリハビリ前後の節約額は月額691万円で、1人当たり月額8.7万円にも上っていた。

 増大する介護保険費用の削減策の一つとして現在、要支援、要介護1の高齢者に予防給付サービスを提供することが検討されている。社会保障審議会・介護保険部会などで検討されている新たなメニューは、転倒骨折予防、低栄養予防、口腔ケア、筋力向上トレーニング(パワーリハビリ)などだ。竹内氏は検討が進む予防給付サービスの内容について、「介護予防の概念は、厚労省でもまだきちんと確立されていない。予防というと、ともすれば“医療”に考え方が引っ張られがち。しかし、病気・ケガの予防だけでなく、パワーリハビリや閉じこもり予防といった活動性向上のためのメニューも充実させてほしい」と、今後の制度化に向けての提言を行った。(インタビューの詳細は「日経ヘルスケア21」8月号参照)
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44