2004.08.02

パワーリハビリの節約効果は、要介護・要支援者1人当たり月額8.7万円

 日経ヘルスケア21の8月号のインタビューで国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁氏(写真)は、介護予防で注目を集めるパワーリハビリテーションの川崎市での試行事業の成績を公表した。

 それによると、2002〜2004年に試行事業に参加した高齢者79人のデータでは、要支援14人全員が非該当に、要介護1の39人のうち19人が非該当、5人が要支援に改善。79人全体では64人が改善していた。これらの要介護・要支援者が区分支給限度基準額を目一杯使っていると仮定すると、パワーリハビリ前後の節約額は月額691万円で、1人当たり月額8.7万円にも上っていた。

 増大する介護保険費用の削減策の一つとして現在、要支援、要介護1の高齢者に予防給付サービスを提供することが検討されている。社会保障審議会・介護保険部会などで検討されている新たなメニューは、転倒骨折予防、低栄養予防、口腔ケア、筋力向上トレーニング(パワーリハビリ)などだ。竹内氏は検討が進む予防給付サービスの内容について、「介護予防の概念は、厚労省でもまだきちんと確立されていない。予防というと、ともすれば“医療”に考え方が引っ張られがち。しかし、病気・ケガの予防だけでなく、パワーリハビリや閉じこもり予防といった活動性向上のためのメニューも充実させてほしい」と、今後の制度化に向けての提言を行った。(インタビューの詳細は「日経ヘルスケア21」8月号参照)
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25