2004.08.02

腸管出血性大腸菌感染症が200例超で今年最高に

 国立感染症研究所の感染症情報センターが7月29日に公表した2004年第29週(7月12日〜7月18日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、全数報告が義務付けられている3類感染症の腸管出血性大腸菌感染症の報告数が203例と今年最多になった。このうち、石川県が73例と3分の1強を占め、以下、大阪府(10例)、栃木県(9例)、東京都(9例)の順に多い。感染者のうち有症者は129例だった。石川県の症例のほとんどは高校の修学旅行におけるO111感染だった。

 咽頭結膜熱(プール熱)の定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)は29週も前週を上回り、過去10年の年間最高値を上回る最高値を更新し続けている。全国平均値は1.21で前週の1.08から約12%増加した。都道府県別では、埼玉県(2.4)、長野県(2.2)、滋賀県(2.2)が多い。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数の全国平均値は、第22週から3週連続して減少し、1.85になった。しかし、第19週を除き今年7週以降、過去10年間の同時期の最高値を記録している。都道府県別では愛媛県(4.0)、山形県(3.8)、新潟県(3.7)が多い。

 ヘルパンギーナの定点当たり報告数は第20週から増加が続いており、第26週に微減したが、その後も増加している。都道府県別では山形県(8.1)、山口県(7.3)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(7月22日集計分)。
 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ2例、細菌性赤痢11例、腸チフス1例、パラチフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症73例(うち有症者47例)。
 4類感染症:エキノコックス症1例、マラリア1例、レジオネラ症2例、A型肝炎1例。
 5類感染症:アメーバ赤痢5例、ウイルス性肝炎2例(いずれもB型)、クロイツフェルト・ヤコブ病4例(いずれも孤発性)、後天性免疫不全症候群13例(AIDS3例、無症候10例)、梅毒6例、破傷風2例、バンコマイシン耐性腸球菌感染症2例。

 詳しくは、感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127