2004.07.30

若い世代との交流の機会が「全くないお年寄り」が増える傾向に

 内閣府がまとめた「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」で、若い世代との交流の機会が「全くないお年寄り」が増えていることが分かった。1993年の調査では「全くない」と回答した人が7.7%と少なかったが、1998年の調査では12.9%に増え、今回の調査(2003年12月実施)では17.7%と増加していた(図)。

 健康の状態別にみると、「健康状態が良くない人」ほど、若い世代との交流する機会が「ない」割合が高くなっている。「健康状態が良くない人」で交流の機会が「ない」人は89.3%で9割近くになっている。一方、「健康状態が良い人」で、若い世代と交流する機会が「ない」人は39.9%だった。

 このほか、外出する頻度が低い人ほど交流する機会が「ない」の割合が高く、「月に2〜3日以下」では78.0%だった。

 年齢階層別では、年齢が高い人ほど、交流する機会が「ない」の割合が高く、「60〜64歳」では42.6%だが、「80歳以上」では64.8%となっていた。

 調査は、1993年から実施しているもので、今回で4回目。調査期間は、2003年12月4日から12月23日。調査対象は60歳以上の男女。調査方法は調査員による面接聴取法。地域社会に参加するための環境、社会参加活動についての実態と意識、地域活動についての考え方、世代間交流についての実態と意識などについて調査している。

 結果報告書については現在、内閣府のホームページのこちらで閲覧できる。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161