2004.07.30

若い世代との交流の機会が「全くないお年寄り」が増える傾向に

 内閣府がまとめた「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」で、若い世代との交流の機会が「全くないお年寄り」が増えていることが分かった。1993年の調査では「全くない」と回答した人が7.7%と少なかったが、1998年の調査では12.9%に増え、今回の調査(2003年12月実施)では17.7%と増加していた(図)。

 健康の状態別にみると、「健康状態が良くない人」ほど、若い世代との交流する機会が「ない」割合が高くなっている。「健康状態が良くない人」で交流の機会が「ない」人は89.3%で9割近くになっている。一方、「健康状態が良い人」で、若い世代と交流する機会が「ない」人は39.9%だった。

 このほか、外出する頻度が低い人ほど交流する機会が「ない」の割合が高く、「月に2〜3日以下」では78.0%だった。

 年齢階層別では、年齢が高い人ほど、交流する機会が「ない」の割合が高く、「60〜64歳」では42.6%だが、「80歳以上」では64.8%となっていた。

 調査は、1993年から実施しているもので、今回で4回目。調査期間は、2003年12月4日から12月23日。調査対象は60歳以上の男女。調査方法は調査員による面接聴取法。地域社会に参加するための環境、社会参加活動についての実態と意識、地域活動についての考え方、世代間交流についての実態と意識などについて調査している。

 結果報告書については現在、内閣府のホームページのこちらで閲覧できる。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48