2004.07.30

国民生活センターが警告、熱さまし用ジェル状冷却シートで乳幼児が窒息状態に陥る可能性

 国民生活センターは7月29日、熱さまし用ジェル状冷却シートで乳幼児が窒息状態に陥る可能性が否定できないと警告した。センターによると、2004年4月に北海道で、生後4カ月の男児が冷却シートによって窒息状態となった事故が発生した。男児は発熱のため冷却シートを額に貼っていたが、看護にあたっていた母親がしばらく側を離れたところ、その間に冷却シートが口と鼻を塞いでしまっていた。救急車で病院に搬送、人工呼吸管理などさまざまな治療を施し一命は取りとめた。しかし、低酸素性虚血性脳症が認められ、将来にわたり全介助が必要なほど重度な障害が残る可能性が極めて高いという。

 この事故を受けて国民生活センターは、事故同型品や参考品の粘着力に関するテストを実施。同時に、乳幼児の使用に関する注意表示についても調べた。

 その結果、「他にも同様な事故が起こる可能性を否定できない」と判断、再発防止のため、こうした事故の発生を広く周知し、消費者に注意を呼びかけることにした。

 消費者に対しては、「何らかの原因で冷却シートが額からずれ、口と鼻を覆い、窒息する可能性があることを知り、注意してほしい」と呼びかけている。

 また、メーカーに対しては、「口と鼻が冷却シートで塞がれ、窒息する事故が起きないよう、対策を講じてほしい。例えば、外箱や小分け袋の注意表示に冷却シートが口と鼻に貼り付くと窒息する可能性があると盛り込む。シート本体にも『口や鼻に貼り付かないように注意』などと印字するなど」と要望している。

 国民生活センターの発表資料はこちらへ。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180