2004.07.30

「サプリ&機能性食品」トピックス・上半期ランキング発表

 2004年1月1日から6月30日までの期間で、アクセス数を調べました。もっとも注目された記事は、「マカは、頭を良くする、ラットの学習能力がアップすることを確認」でした。以下にベスト20を紹介します。

1位◆ 2004.4.30 マカは、頭を良くする
ラットの学習能力がアップすることを確認


2位◆ 2004.5.14 マーガリンに含まれるトランス脂肪酸に暗雲がまた一つ
「たくさんとると、ボケやすい」−−米国CHAP研究から分析


3位◆ 2004.4.19 くるみを毎日食べると、1カ月で血管の弾力性が改善、動脈
硬化を防ぐ


4位◆ 2004.4.9 ビタミンCとE、「効く人」と「効かない人」がいる
ハプトグロビン遺伝子が関与か−−米と加の共同「WAVE」研究より


5位◆ 2004.1.16 花粉症対策食品、ヒットするのはどれ?
1月から、湧永製薬、コカ・コーラ、伊藤園、カルピス、キッコーマン、ロッ
テ、小岩井乳業も参入


6位◆ 2004.1.9 注目の企業】
“トクホ長者”が誕生
総医研がマザーズに上場、時価総額は788億円に


7位◆ 2004.3.17 コーヒーにインスリン感受性改善効果、ブラックで飲めば2
型糖尿病を予防する


8位◆ 2004.2.13 日本コカ・コーラ、健康志向飲料に大きく舵を切る
難消化性デキストリン配合の初のトクホ茶、5月に投入へ


9位◆ 2004.2.27 「にがり」が大ヒット中
便通改善などを実感しやすい商品として、市場が急拡大


10位◆ 2004.5.7 ダイエット成分のカルニチン、ヒットの兆し
ゼリー飲料、ペット飲料、サプリなどが幅広く登場


11位◆ 2004.2.9 再掲】「アスタキサンチン」に熱い注目集まる
大量生産可能になり、眼精疲労や腎症改善などの新効用が次々明らかに


12位◆ 2004.5.28 共役リノール酸(CLA)は確かにやせる!
ノルウェーの研究グループが初の長期試験で確認


13位◆ 2004.4.23 ショウガはつわりを軽くする!
医薬品並みの効果−−豪大学が臨床試験で確認


14位◆ 2004.5.17 糖尿病学会速報】
「運動は誰でもできる糖尿病の予防手段」
糖尿病学会シンポジウムが「21世紀運動推進宣言」を発表


15位◆ 2004.1.30 注目の商品】
手足の冷えを解消する“飲むカイロ”!
「ヒハツ」サプリが人気、沖縄のスパイスが原料


16位◆ 2004.4.30 ビタミンDは“転ばぬ先の杖”
お年寄りの転倒を防ぐ−−意外な効果が明らかに


17位◆ 2004.6.8 コンドロイチン硫酸は「3カ月のんで、3カ月休む」 
休みながらのんでも関節炎の進行が止まる−−スイスでの研究で解明


18位◆ 2004.5.21 ホモシステインが多いと骨折しやすい
米国とオランダの2研究で同じ結果に
ホモシステインを減らすビタミンB群サプリに注目


19位◆ 2004.4.16 ケイ素はカルシウムより骨を強くする、米英共同の「フラミンガム研究」から解明


20位◆ 2003.12.12 解説】
花粉症に効く機能性食品
注目の5社5商品群が登場へ



■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正