2004.07.30

「サプリ&機能性食品」トピックス・上半期ランキング発表

 2004年1月1日から6月30日までの期間で、アクセス数を調べました。もっとも注目された記事は、「マカは、頭を良くする、ラットの学習能力がアップすることを確認」でした。以下にベスト20を紹介します。

1位◆ 2004.4.30 マカは、頭を良くする
ラットの学習能力がアップすることを確認


2位◆ 2004.5.14 マーガリンに含まれるトランス脂肪酸に暗雲がまた一つ
「たくさんとると、ボケやすい」−−米国CHAP研究から分析


3位◆ 2004.4.19 くるみを毎日食べると、1カ月で血管の弾力性が改善、動脈
硬化を防ぐ


4位◆ 2004.4.9 ビタミンCとE、「効く人」と「効かない人」がいる
ハプトグロビン遺伝子が関与か−−米と加の共同「WAVE」研究より


5位◆ 2004.1.16 花粉症対策食品、ヒットするのはどれ?
1月から、湧永製薬、コカ・コーラ、伊藤園、カルピス、キッコーマン、ロッ
テ、小岩井乳業も参入


6位◆ 2004.1.9 注目の企業】
“トクホ長者”が誕生
総医研がマザーズに上場、時価総額は788億円に


7位◆ 2004.3.17 コーヒーにインスリン感受性改善効果、ブラックで飲めば2
型糖尿病を予防する


8位◆ 2004.2.13 日本コカ・コーラ、健康志向飲料に大きく舵を切る
難消化性デキストリン配合の初のトクホ茶、5月に投入へ


9位◆ 2004.2.27 「にがり」が大ヒット中
便通改善などを実感しやすい商品として、市場が急拡大


10位◆ 2004.5.7 ダイエット成分のカルニチン、ヒットの兆し
ゼリー飲料、ペット飲料、サプリなどが幅広く登場


11位◆ 2004.2.9 再掲】「アスタキサンチン」に熱い注目集まる
大量生産可能になり、眼精疲労や腎症改善などの新効用が次々明らかに


12位◆ 2004.5.28 共役リノール酸(CLA)は確かにやせる!
ノルウェーの研究グループが初の長期試験で確認


13位◆ 2004.4.23 ショウガはつわりを軽くする!
医薬品並みの効果−−豪大学が臨床試験で確認


14位◆ 2004.5.17 糖尿病学会速報】
「運動は誰でもできる糖尿病の予防手段」
糖尿病学会シンポジウムが「21世紀運動推進宣言」を発表


15位◆ 2004.1.30 注目の商品】
手足の冷えを解消する“飲むカイロ”!
「ヒハツ」サプリが人気、沖縄のスパイスが原料


16位◆ 2004.4.30 ビタミンDは“転ばぬ先の杖”
お年寄りの転倒を防ぐ−−意外な効果が明らかに


17位◆ 2004.6.8 コンドロイチン硫酸は「3カ月のんで、3カ月休む」 
休みながらのんでも関節炎の進行が止まる−−スイスでの研究で解明


18位◆ 2004.5.21 ホモシステインが多いと骨折しやすい
米国とオランダの2研究で同じ結果に
ホモシステインを減らすビタミンB群サプリに注目


19位◆ 2004.4.16 ケイ素はカルシウムより骨を強くする、米英共同の「フラミンガム研究」から解明


20位◆ 2003.12.12 解説】
花粉症に効く機能性食品
注目の5社5商品群が登場へ



■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5