2004.07.30

アメリカニンジンのサプリは、血栓溶解剤ワルファリンの効果を弱める−−米シカゴ大学の研究

 抗血栓薬のワルファリンを服用している人は、アメリカニンジン(朝鮮ニンジンの一種)のサプリメントをとると、ワルファリンの作用を弱めてしまうことが分かった。米シカゴ大学の研究者らによる研究結果が、「Annals of Internal Medicine」誌に発表された。

 対象者は、研究に同意した20人の健康なボランティア。ワルファリン+アメリカニンジン、ワルファリン+プラセボ(偽薬)をのむ2群にわけ、4週間後の血中ワルファリン濃度を比べた。その結果、アメリカニンジン群はプラセボ群に比べ、血中ワルファリン濃度が有意に低かった。

 アメリカニンジンは、日本でも昔からよく知られている朝鮮ニンジン(高麗ニンジン、薬用ニンジン、オタネニンジン、ジンセンなどとも呼ぶ)の兄弟種で、主に北アメリカで栽培されている。

 アメリカニンジンは朝鮮ニンジンより効き目は穏やかだが、滋養強壮のほか、解熱、消化器の機能改善作用などがある。主な有効成分は、朝鮮ニンジンと同じジンセノサイドと呼ばれる物質。ジンセノサイドには興奮作用があるため、薬物との相互作用を起こしやすい。

 この論文のタイトルは「American Ginseng Reduces Warfarin's Effect in Healthy Patients」。アブストラクトはこちらまで。
(小山千穂、日経ヘルス

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43