2004.07.30

アメリカニンジンのサプリは、血栓溶解剤ワルファリンの効果を弱める−−米シカゴ大学の研究

 抗血栓薬のワルファリンを服用している人は、アメリカニンジン(朝鮮ニンジンの一種)のサプリメントをとると、ワルファリンの作用を弱めてしまうことが分かった。米シカゴ大学の研究者らによる研究結果が、「Annals of Internal Medicine」誌に発表された。

 対象者は、研究に同意した20人の健康なボランティア。ワルファリン+アメリカニンジン、ワルファリン+プラセボ(偽薬)をのむ2群にわけ、4週間後の血中ワルファリン濃度を比べた。その結果、アメリカニンジン群はプラセボ群に比べ、血中ワルファリン濃度が有意に低かった。

 アメリカニンジンは、日本でも昔からよく知られている朝鮮ニンジン(高麗ニンジン、薬用ニンジン、オタネニンジン、ジンセンなどとも呼ぶ)の兄弟種で、主に北アメリカで栽培されている。

 アメリカニンジンは朝鮮ニンジンより効き目は穏やかだが、滋養強壮のほか、解熱、消化器の機能改善作用などがある。主な有効成分は、朝鮮ニンジンと同じジンセノサイドと呼ばれる物質。ジンセノサイドには興奮作用があるため、薬物との相互作用を起こしやすい。

 この論文のタイトルは「American Ginseng Reduces Warfarin's Effect in Healthy Patients」。アブストラクトはこちらまで。
(小山千穂、日経ヘルス

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22