2004.07.29

【脳卒中診療の将来に関するアンケート調査】No.2 「脳卒中治療ガイドライン」に対する満足度、半数以上の人が一定の評価



 引き続き、MedWaveが6月に実施した「脳卒中診療の将来に関するアンケート調査」の結果を報告する。調査は、世界脳卒中会議の速報サイトを開設したのに伴い実施した。6月23日から7月7日までに202人が調査に協した。本日は、日常診療で「脳卒中治療ガイドライン」を参考している121人を対象に、ガイドラインに対する評価、不満点などを報告する。

 調査ではまず、脳卒中合同ガイドライン委員会がまとめた「脳卒中治療ガイドライン2004」について尋ねた(関連トピックスへ)。

 日常診療で「脳卒中治療ガイドライン」を参考している頻度を尋ねたところ、頻度の差はあるが、121人が実際に使っていることが分かった。

 この121人を対象に、脳卒中治療ガイドラインを使用する目的を分析したところ、「治療方法の確認」が86.8%でもっとも多かった。これに「患者への説明」が38.0%、「診断方法の確認」が35.5%で続いた(図4)。



 次に、「脳卒中治療ガイドライン」によって、自身の診療内容に変化があったかどうか尋ねた。

 その結果、「大きく変わった」と回答した人は0.8%と少なかったが、「少し変わった」が57.0%で、合わせて半数以上の人は「変わった」と認識していた。一方、「ほとんど変わらなかった」は34.7%、「まったく変わらなかった」は6.6%だった(図5)。



 「脳卒中治療ガイドライン」に対する満足度を尋ねたところ、「満足」は3.3%、「ほぼ満足」は55.4%で、半数以上の人は評価していた。ただ「どちらでもない」は28.9%あり、「やや不満」も5.0%、「不満」も4.1%あった(図6)。

 最後に、「脳卒中治療ガイドライン」で不満に思う点を尋ねた。その結果、「入手しにくい」が50.4%と突出して多かった。ホームページでの公開などが浸透してくれば、解消されていくのかもしれない。

 次いで、「日本人でのエビデンスが乏しい」が31.4%、「日常診療での実施が難しい」が23.1%あり、使い勝手の面での戸惑いがうかがえる。

 「医師の裁量を拘束するおそれがある」が19.0%、「自分の患者に当てはまらないことが多い」が18.2%あった。また、「分量が多くて読み通すのが大変」と「最新版であるかどうかが分かりにくい」はどちらも17.4%で並んだ(図7)。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164