2004.07.29

環境省、食物、井戸水などに含まれる3物質を詳細評価の候補に選定

 環境省は7月27日、健康リスクの詳細な評価を行う対象となる物質として、食品などに含まれるアクロレインとピリジン、井戸水などに含まれる1,2-ジクロロエタンを選定した。環境省は1997年から、人の県境や環境に対して好ましくない影響がある化学物質のリスク評価を進めている。今回の発表は第3回目の取りまとめに当たる。

 評価は、化学物質がどの程度の量で毒性を発揮するかを示す有害性と環境経由でどの程度の曝露が起きるかを示す曝露量に対して実施している。今回の調査では、より詳細な評価を行う候補として、健康リスクのほか、生態リスクについても5つの物質を選定している。

 アクロレインはリノール酸やオレイン酸など不飽和脂肪酸の過酸化や加熱時に生成する物質で、変異原性と抗変異原性を併せ持つとする報告もある。一方、ピリジンは焼けこげ中に豊富に存在するとされる。今後行われる本評価では、食物からの曝露に関する情報を収集する。1,2-ジクロロエタンは塩化ビニールなどの原料になる物質で井戸水などで検出されている。

 環境省のプレスリリースはこちら。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84