2004.07.29

環境省、食物、井戸水などに含まれる3物質を詳細評価の候補に選定

 環境省は7月27日、健康リスクの詳細な評価を行う対象となる物質として、食品などに含まれるアクロレインとピリジン、井戸水などに含まれる1,2-ジクロロエタンを選定した。環境省は1997年から、人の県境や環境に対して好ましくない影響がある化学物質のリスク評価を進めている。今回の発表は第3回目の取りまとめに当たる。

 評価は、化学物質がどの程度の量で毒性を発揮するかを示す有害性と環境経由でどの程度の曝露が起きるかを示す曝露量に対して実施している。今回の調査では、より詳細な評価を行う候補として、健康リスクのほか、生態リスクについても5つの物質を選定している。

 アクロレインはリノール酸やオレイン酸など不飽和脂肪酸の過酸化や加熱時に生成する物質で、変異原性と抗変異原性を併せ持つとする報告もある。一方、ピリジンは焼けこげ中に豊富に存在するとされる。今後行われる本評価では、食物からの曝露に関する情報を収集する。1,2-ジクロロエタンは塩化ビニールなどの原料になる物質で井戸水などで検出されている。

 環境省のプレスリリースはこちら。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:207
  2. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  3. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  5. 「あれもイヤ、これもイヤ」にどう対応? うさコメント! FBシェア数:27
  6. ARB利尿薬配合剤と併用しない方がよい薬 医師のための薬の時間 FBシェア数:4
  7. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  8. 凝固因子2つに結合する抗体が血友病治療に革命 奈良県立医科大学小児科学教室教授の嶋緑倫氏に聞く FBシェア数:23
  9. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:216
  10. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:15
医師と医学研究者におすすめの英文校正