2004.07.29

東京都の災害医療派遣チームDMATが8月発足へ

 東京都は8月2日、全国初の災害時派遣医療チーム「DMAT:Disaster Medical Assistance Team」の発足式を東京都庁舎で行う。DMATは訓練を受けた医師と看護師等から構成されるチームで、ビル火災や列車事故などの大規模な災害が発生した時、救急隊と協力して現場での迅速な救命活動を実施する。今年3月に起きたスペインでの列車爆破事故をきっかけに、今年度に入って組織構築と医師、看護師などへの訓練が急ピッチで進められてきた。

 DMATの第一次隊員数は約70人でDMAT指定病院から派遣される。指定病院は国立病院機構災害医療センター、日本医科大学付属病院、杏林大学医学部付属病院、帝京大学医学部附属病院、都立広尾病院、都立墨東病院、都立府中病院の7医療機関である。

 東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132