2004.07.28

市販のにがり、商品によって濃度に大差、価格とは無関係:大阪府の調査で判明

 ダイエットに効果があるなどとする情報が出回ったこともあって、最近ではスーパーなどでにがりを販売するようになっている。にがりには規格などがなく、表示も統一されていないため、大阪府の消費生活センターは7月26日、市販のにがり17銘柄の成分と価格、表示についての調査結果を発表した。

 それによると、商品によって、主成分のマグネシウムの濃度に大きな差があった。最も薄いものは100g当たり0.43g、最も濃いものは100g当たり7.4gで約17倍の開きがあった。価格は1mL当たり1.6〜60円と40倍の開きがあったが、価格とにがり濃度の関連性は見られなかったという。

 商品は、陽イオンと陰イオンの含有量が異なる以下の3群に分類できるとしている。

・天日干し、釜炊きによると考えられる製品(13銘柄):カルシウムイオンがほとんどなく、硫酸イオンが多い。

・イオン交換膜製法によると考えられる製品(2銘柄):カルシウムイオンが多く、硫酸イオンがほとんどない。

・その他の製品(2銘柄):マグネシウムイオンと塩化物イオンがほとんどのもの。

 水銀、ヒ素、鉛などの有害金属は1製品を除き、検出限界以下だった。1製品で検出されたヒ素は、海藻由来のもので、人体に害はないとされる。

 厚生労働省の「第6次 日本人の栄養所要量」による日本人の1日許容摂取上限量は650〜700mgとされる。最も濃い製品の場合、製品10gでこの上限を超えてしまう。大阪府の報告では、消費者に対して、むやみに摂りすぎないことを、メーカーに対しては、成分表示や飲用などに対する適切な注意表示を求めている。

 大阪府のプレスリリースはこちら。(中沢真也)

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127