2004.07.28

市販のにがり、商品によって濃度に大差、価格とは無関係:大阪府の調査で判明

 ダイエットに効果があるなどとする情報が出回ったこともあって、最近ではスーパーなどでにがりを販売するようになっている。にがりには規格などがなく、表示も統一されていないため、大阪府の消費生活センターは7月26日、市販のにがり17銘柄の成分と価格、表示についての調査結果を発表した。

 それによると、商品によって、主成分のマグネシウムの濃度に大きな差があった。最も薄いものは100g当たり0.43g、最も濃いものは100g当たり7.4gで約17倍の開きがあった。価格は1mL当たり1.6〜60円と40倍の開きがあったが、価格とにがり濃度の関連性は見られなかったという。

 商品は、陽イオンと陰イオンの含有量が異なる以下の3群に分類できるとしている。

・天日干し、釜炊きによると考えられる製品(13銘柄):カルシウムイオンがほとんどなく、硫酸イオンが多い。

・イオン交換膜製法によると考えられる製品(2銘柄):カルシウムイオンが多く、硫酸イオンがほとんどない。

・その他の製品(2銘柄):マグネシウムイオンと塩化物イオンがほとんどのもの。

 水銀、ヒ素、鉛などの有害金属は1製品を除き、検出限界以下だった。1製品で検出されたヒ素は、海藻由来のもので、人体に害はないとされる。

 厚生労働省の「第6次 日本人の栄養所要量」による日本人の1日許容摂取上限量は650〜700mgとされる。最も濃い製品の場合、製品10gでこの上限を超えてしまう。大阪府の報告では、消費者に対して、むやみに摂りすぎないことを、メーカーに対しては、成分表示や飲用などに対する適切な注意表示を求めている。

 大阪府のプレスリリースはこちら。(中沢真也)

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239