2004.07.28

アバンチュールは性感染症への誘い?:英国男性のHIV感染者、7割が海外での性交で感染

 夏休みには旅先で見知らぬ相手との危険なセックスの機会が増える。英国では近年、海外旅行が増えており、エイズや熱帯感染症の国内持ち込みが後を絶たないようだ。海外旅行好きの日本人にとっても高みの見物を決め込める状況ではない。英医師会誌のBritish Medical Journal 2004年7月24日号でRoyal Hallamshire Hospital泌尿器生殖器科のK E Rogstad氏が「セックス、太陽、海、そして性感染症」という刺激的なタイトルのレビュー論文で警鐘を鳴らしている。

 休暇中には、性的な出会いの確率が休暇前のおよそ2.5倍にはね上がるという。H. Finneyらの2003年の研究報告では、英国の医学生の3人に1人は休暇中に新たなパートナーと性交をしていたという。

 旅行中のアバンチュールでは、無防備なセックスが行われやすい。P. Gilliesらの1992年の報告では、性感染症で泌尿器生殖器科を受診した患者のなかで、受診前3カ月間に海外旅行をしていた人の4人に1人は新規の相手と関係を持っており、その3分の2はコンドームを全く使っていないか、使わないでセックスをしているという。

 英国人の場合、性的嗜好や性別によって、海外旅行でセックスを体験する地域が異なるようだ。バイセクシャルおよびホモセクシャルの男性は64%が欧州大陸で性的接触を試みている。これに対し、ノーマルの男性は35%がカリブ、18%が極東でセックスを体験しており、女性の多く(62%)はカリブでのセックスを好む傾向がある。

 しかし、海外での見知らぬパートナーとのアバンチュールは性感染症のリスクと表裏一体と言ってよい。ノーマル(ヘテロセクシャル)な男性では、梅毒感染の2割、淋病の1割は海外でのセックスが原因になっているという。HIVも例外ではない。特にサハラ以南アフリカや極東、インドなどにおけるリスクは特に高い。英国生まれのノーマル男性のHIV感染者のうち、実に7割が海外で感染しているという報告もある。熱帯地方では軟性下疳、鼠径肉芽腫、鼡径リンパ肉芽腫などに感染する危険もある。

 こうしたことから著者は、観光で海外旅行をする場合には、かかりつけ医において、訪問地におけるセックスのリスクと安全策についての助言の提供を受けるべきであり、また、生殖器症状、発疹、肝炎などが見られる場合は、本人やパートナーに旅行時のセックス経験を確認すべきだとしている。

 本論文の原題は、「Sex, sun, sea, and STIs: sexually transmitted infections acquired on holiday」。現在のところ、全文をこちらで閲読できる。(中沢真也)

■ お知らせ ■
「nikkeibp.jp 健康」の7月29日号で、「旅先で待ち受ける危ない病気」を特集しています。こちらもご覧下さい。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48