2004.07.27

女性のための尖圭コンジローマ情報サイト、持田製薬が開設

 持田製薬は7月26日、尖圭コンジローマの疾患啓発を目的とした女性向けサイト「イボンヌコミュニケーションスタジオ」を開設した。性感染症を自覚しても羞恥心から他人に相談しにくく、特に若い女性では医療機関の受診を躊躇することで治療が遅れる場合もあるため、情報提供を行うもの。携帯電話専用サイト「イボイボドットコム」も併せて開設した。コンテンツは、尖圭コンジローマの概要と治療法、症状の自己チェック法など。ウイミンズ・ウェルネス銀座クリニック院長の対馬ルリ子氏が監修している。

 持田製薬のプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1