2004.07.27

【日本小児神経学会から】 頭蓋内出血の原因診断、被虐待児の存在を念頭におくべき

 小児の頭蓋内出血は、原因不明のものが少なくない。その中には虐待による事例も高率に含まれており、被虐待児の存在を念頭に診断に当たるべきとする報告があった。和歌山県立医科大学小児科の研究グループが7月16日の日本小児外科学会で発表した。

 研究グループは、同大学小児科に頭蓋内出血の診断で入院した患児17例を対象に、被虐待児の場合の特徴を検討した。

 発症時年齢は、生後13日から5歳9カ月。新生児期が2例、乳児期が10例、幼児期5例だった。男児9例、女児6例。

 原因診断の結果、17例中5例が虐待児だった。事故が7例、内科的要因・その他が5例だった。

 虐待児と非虐待児を比較したところ、虐待児では硬膜下出血、多発性皮下出血、多発性骨折、眼底出血、複雑な背景因子の存在、などの特徴が浮き彫りになったという。

 具体的には、被虐待児5例すべてが急性硬膜下出血と診断され、5例中3例に多発性皮下出血があり、1例には頭血腫があった。骨折は2例に多発骨折があり、頭蓋骨折も1例にみられた。眼底出血は、検査ができなかった1例以外、すべてに見られた。

 虐待の診断根拠では、家族歴、多発性皮下出血、多発骨折のほか、再発を繰り返している点も挙がった。特に家族歴では、兄弟姉妹の既往の有無が有用であったとしている。

 これらの結果から研究グループは、「頭蓋内出血の中には虐待によるものが高率に含まれていることを念頭においた診療体制が必要である」と結論付けた。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13