2004.07.27

栄研化学、西ナイル熱ウイルス検出用プライマーを基礎研究者向けにネット販売開始

 栄研化学は、米国で蔓延し、日本への上陸が強く懸念されている西ナイル熱ウイルスを高感度で増幅・検出するためのプライマーを含む「LoopampプライマーセットWNV」を8月3日に発売する。価格は48回用が3万5000円(税別)。

 同社のRNA増幅試薬キットと組み合わせることで、一定温度(63度)西ナイル熱ウイルス遺伝子を迅速に増幅し、目視、または専用の濁度測定装置で有無を確認できる。反応に必要な時間は35分間と早い。同社では今後、感染地域での臨床性能評価を進め、試薬キット化を検討していくという。

 栄研化学のプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正