2004.07.26

亜急性期入院医療管理料、大病院が届け出るケースも

 2004年診療報酬改定の目玉となった亜急性期入院医療管理料だが、中小病院だけでなく大病院が届け出るケースも出てきている(詳細は「日経ヘルスケア」8月号32ページの記事参照)。

 亜急性期入院医療管理料は、急性期から慢性期へ移行する過程にある患者や在宅からの急性増悪で入院した患者に対して算定する点数。90日まで1日当たり2050点で算定できる。手術やリハビリなどは出来高で算定できるほか、平均在院日数の除算対象になるなど“特典”が多い。そのため、中でも、“準急性期的”な患者を多く抱えがちな各地の中小病院が届け出の中心になるとみられていた。

 しかし、現実には、施設基準をクリアするためにかかるコスト増がネックとなって届け出を断念するケースなども多いとみられ、必ずしも事前の予想通りの状況ではないようだ。中小病院にとって新たな改装や職員の増員なしには、「患者1人当たりの病床面積6.4m2」や「看護体制2.5対1」といった施設基準を満たすことはなかなか難しい。そのため、病院関係者の中には、「施設基準を既に満たしている大病院の届け出が、秋以降に相次ぐのではないか」と予測する人もおり、今後、当初の見通しとは逆に、届け出の主体が大病院に偏る可能性もある。(久保俊介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:7
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  3. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:12
  5. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:222
  6. 山形県の麻疹感染で3次感染例を確認、研修医も感染 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:174
  7. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:432
  8. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  9. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:109
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1976