2004.07.26

亜急性期入院医療管理料、大病院が届け出るケースも

 2004年診療報酬改定の目玉となった亜急性期入院医療管理料だが、中小病院だけでなく大病院が届け出るケースも出てきている(詳細は「日経ヘルスケア」8月号32ページの記事参照)。

 亜急性期入院医療管理料は、急性期から慢性期へ移行する過程にある患者や在宅からの急性増悪で入院した患者に対して算定する点数。90日まで1日当たり2050点で算定できる。手術やリハビリなどは出来高で算定できるほか、平均在院日数の除算対象になるなど“特典”が多い。そのため、中でも、“準急性期的”な患者を多く抱えがちな各地の中小病院が届け出の中心になるとみられていた。

 しかし、現実には、施設基準をクリアするためにかかるコスト増がネックとなって届け出を断念するケースなども多いとみられ、必ずしも事前の予想通りの状況ではないようだ。中小病院にとって新たな改装や職員の増員なしには、「患者1人当たりの病床面積6.4m2」や「看護体制2.5対1」といった施設基準を満たすことはなかなか難しい。そのため、病院関係者の中には、「施設基準を既に満たしている大病院の届け出が、秋以降に相次ぐのではないか」と予測する人もおり、今後、当初の見通しとは逆に、届け出の主体が大病院に偏る可能性もある。(久保俊介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14