2004.07.26

タイでトリインフルエンザ感染地域が70カ所以上に、首都圏でも火の手上がる 

 タイのトリインフルエンザ流行が激しさを増している。7月に入ってからH5亜型の高病原性トリインフルエンザ発生が確認され、国際獣疫事務局(OIE)に報告された農場数は7月23日までの累計で73カ所となり、感染地域の拡大に歯止めがかからない状況だ。

 流行地域は、7月9日付けの報告で2カ所、13日付けの報告で新たに26カ所、23日付けの報告では、さらに45カ所と増加している。首都バンコクでも計11カ所の養鶏場で感染が発生している。処分された鶏などの集計はまとまっていないが、これまでに11万4186羽が死亡、または殺処分された。この数字からみても多くの農場がごく小規模なものであることが分かる。

 バンコクは人口約800万人、人口密度は1平方キロメートルあたり約5100人と、東京に迫る世界有数の大都市であり、ここに流行の火の手が及んだことは、再び人間への感染を招きかねない危険な事態と見てよいだろう。

 実際、タイ保健省では感染地域におけるインフルエンザ様疾患患者のサーベイランスに力を入れている。国際感染症学会に寄せられた報告によれば、24日までに感染地域に住む2人の少年が発熱や呼吸器症状を訴えた。このうち1人は迅速診断の結果、A型インフルエンザ陽性となったため、一時、トリインフルエンザの可能性例とされたが、その後の検査でH3型(香港型)インフルエンザであることが判明した。

 OIEの最新報告はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正