2004.07.26

タイでトリインフルエンザ感染地域が70カ所以上に、首都圏でも火の手上がる 

 タイのトリインフルエンザ流行が激しさを増している。7月に入ってからH5亜型の高病原性トリインフルエンザ発生が確認され、国際獣疫事務局(OIE)に報告された農場数は7月23日までの累計で73カ所となり、感染地域の拡大に歯止めがかからない状況だ。

 流行地域は、7月9日付けの報告で2カ所、13日付けの報告で新たに26カ所、23日付けの報告では、さらに45カ所と増加している。首都バンコクでも計11カ所の養鶏場で感染が発生している。処分された鶏などの集計はまとまっていないが、これまでに11万4186羽が死亡、または殺処分された。この数字からみても多くの農場がごく小規模なものであることが分かる。

 バンコクは人口約800万人、人口密度は1平方キロメートルあたり約5100人と、東京に迫る世界有数の大都市であり、ここに流行の火の手が及んだことは、再び人間への感染を招きかねない危険な事態と見てよいだろう。

 実際、タイ保健省では感染地域におけるインフルエンザ様疾患患者のサーベイランスに力を入れている。国際感染症学会に寄せられた報告によれば、24日までに感染地域に住む2人の少年が発熱や呼吸器症状を訴えた。このうち1人は迅速診断の結果、A型インフルエンザ陽性となったため、一時、トリインフルエンザの可能性例とされたが、その後の検査でH3型(香港型)インフルエンザであることが判明した。

 OIEの最新報告はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2