2004.07.26

オリンパス、先端形状の改良で患者の苦痛を軽減した泌尿器内視鏡の新製品を発売

 オリンパスは主に膀胱内疾患などの観察に用いる膀胱腎盂ファイバースコープの新製品「CYF-5A」を8月2日に発売する。価格は税込みで126万円。発売後1年間の国内販売台数目標は100台としている。北米、欧州、アジアでも7月下旬に発売する。

 最大の特徴は先端の形状を砲弾型にして尿道内の挿入を容易にし、患者の苦痛低減を図ったこと。同社が全国5医療機関の協力を得て、患者に対するアンケートを実施したところ、受診者(n=21)の76%が新機種による検査の方が痛くない(以前の方が痛い、または以前の方がやや痛い)と回答している。また、ファイバー部も先端付近を進行方向上側に湾曲させ、男性の前立腺手前で尿道が湾曲している部分の通過性を高めている。

 このほかの特徴は、1.光学系を改良してファイバーの網目を除去し、前機種に比べて画質を向上させた、2.単三型のニッケル水素電池で約60分間、リチウム電池パックで約110分間の連続点灯が可能な充電式光源「MAJ-922」(税込み9万7125円)を新たに装着できるようになり、設置型の光源が使えないICUや病棟、在宅での検査が可能になった、3.前機種と同様、高周波処置に対応しており、生検後の止血、微少病変の切除、焼灼に利用できる、など。

 オリンパスのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172