2004.07.23

健康・栄養研の「健康食品の安全性・有効性情報」から、にがりやマグネシウムに「痩身効果」があるのか

 にがりやマグネシウムに痩身効果があるという情報は信用できるのでしょうか−−。独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに新設されたデータベース「健康食品の安全性・有効性情報」によると、答えは「確実な根拠・文献等はありません」でした。

 国立健康・栄養研究所は7月21日、「誤解されている健康情報の事例」を掲載。「『にがり』と『痩身効果』について」を取り上げています。

 その中で、「『糖の吸収を遅らせる』『脂肪の吸収をブロックする』『糖質代謝を促進する』などといったメカニズムから、ダイエット効果を論証するような情報があるが、いずれについても確実な根拠・文献等はない」と結論付けています。

 また、マグネシウムは、医薬品では下剤として使用されており、「食品であっても多量に摂取すると下痢になる可能性がある」と指摘しています。

 データベース「健康食品の安全性・有効性情報」では、(1)健康と食生活、「健康食品」の素材情報を正しく理解するための「健康食品」に関する制度概要などを取り上げる「利用に関する基礎知識」、(2)健康被害を起こした事例などを紹介する「安全情報・被害関連情報」、(3)特定保健用食品の個別情報、ビタミン・ミネラルの基礎知識、さらには流行の話題も随時トピックとして解説する「話題の食品成分の科学情報」などを提供することになっています。
 
 また、「健康食品」の素材情報データベースを構築中で、約100素材の安全性・有効性情報を集約し提供する予定となっています。対象は順次追加する計画です。

 「健康食品」の安全性・有効性データベースについては、厚生労働省の通知をご覧ください。

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1