2004.07.23

健康・栄養研の「健康食品の安全性・有効性情報」から、にがりやマグネシウムに「痩身効果」があるのか

 にがりやマグネシウムに痩身効果があるという情報は信用できるのでしょうか−−。独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに新設されたデータベース「健康食品の安全性・有効性情報」によると、答えは「確実な根拠・文献等はありません」でした。

 国立健康・栄養研究所は7月21日、「誤解されている健康情報の事例」を掲載。「『にがり』と『痩身効果』について」を取り上げています。

 その中で、「『糖の吸収を遅らせる』『脂肪の吸収をブロックする』『糖質代謝を促進する』などといったメカニズムから、ダイエット効果を論証するような情報があるが、いずれについても確実な根拠・文献等はない」と結論付けています。

 また、マグネシウムは、医薬品では下剤として使用されており、「食品であっても多量に摂取すると下痢になる可能性がある」と指摘しています。

 データベース「健康食品の安全性・有効性情報」では、(1)健康と食生活、「健康食品」の素材情報を正しく理解するための「健康食品」に関する制度概要などを取り上げる「利用に関する基礎知識」、(2)健康被害を起こした事例などを紹介する「安全情報・被害関連情報」、(3)特定保健用食品の個別情報、ビタミン・ミネラルの基礎知識、さらには流行の話題も随時トピックとして解説する「話題の食品成分の科学情報」などを提供することになっています。
 
 また、「健康食品」の素材情報データベースを構築中で、約100素材の安全性・有効性情報を集約し提供する予定となっています。対象は順次追加する計画です。

 「健康食品」の安全性・有効性データベースについては、厚生労働省の通知をご覧ください。

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7