2004.07.23

健康・栄養研の「健康食品の安全性・有効性情報」から、にがりやマグネシウムに「痩身効果」があるのか

 にがりやマグネシウムに痩身効果があるという情報は信用できるのでしょうか−−。独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに新設されたデータベース「健康食品の安全性・有効性情報」によると、答えは「確実な根拠・文献等はありません」でした。

 国立健康・栄養研究所は7月21日、「誤解されている健康情報の事例」を掲載。「『にがり』と『痩身効果』について」を取り上げています。

 その中で、「『糖の吸収を遅らせる』『脂肪の吸収をブロックする』『糖質代謝を促進する』などといったメカニズムから、ダイエット効果を論証するような情報があるが、いずれについても確実な根拠・文献等はない」と結論付けています。

 また、マグネシウムは、医薬品では下剤として使用されており、「食品であっても多量に摂取すると下痢になる可能性がある」と指摘しています。

 データベース「健康食品の安全性・有効性情報」では、(1)健康と食生活、「健康食品」の素材情報を正しく理解するための「健康食品」に関する制度概要などを取り上げる「利用に関する基礎知識」、(2)健康被害を起こした事例などを紹介する「安全情報・被害関連情報」、(3)特定保健用食品の個別情報、ビタミン・ミネラルの基礎知識、さらには流行の話題も随時トピックとして解説する「話題の食品成分の科学情報」などを提供することになっています。
 
 また、「健康食品」の素材情報データベースを構築中で、約100素材の安全性・有効性情報を集約し提供する予定となっています。対象は順次追加する計画です。

 「健康食品」の安全性・有効性データベースについては、厚生労働省の通知をご覧ください。

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153