2004.07.23

「がんの治療に役立つ健康食品(根拠は必ずしも確立されていない)」という表示が可能に?(コラム「医師も戸惑う健康情報」)

 ある薬剤がある病気に対して有効であることを科学的に証明するためには、対照試験が必須である。このことは、医療関係者であればだれでも知っているだろう。通常この場合対照試験といえば、二重盲検ランダム化比較試験である。複数のランダム化試験により同じ結果が出ていればさらに正確さが増すであろうし、その効果の差が臨床的にも意味のあるものであれば、なお有用である。このような医療関係者としては常識と考えられていることでも、まだ一般には浸透していないらしい。

 6月に厚労相から「『健康食品』に係わる今後の制度のあり方について」という報告書が発表された(1)。この報告書では、現行の健康食品の表示規制が厳しいことから、一部の事業者による曖昧な表現を用いた表示や誇大広告につながり、その結果消費者の混乱を招いていると指摘し、次のような提案をしている。

 「食品機能の表示の科学的根拠が現行の審査基準を完全に満たしていないものであっても、一定の科学的根拠が存在すれば、効果の根拠が確立されていない由の表示を付けることを条件として、『身体の構造/機能表示』を広く許可すべきである」。

 私には報告書の意味するところが分からない。私の理解では「一定の科学的根拠が存在する」ということは「対照試験でその効果が証明されている」ということを示すはずだ。このことは「効果の根拠が確立されている」ことと同義ではないか。つまり、「効果の根拠が確立されていない」ということは「一定の科学的根拠が存在しない」ということになり、上記の文章は矛盾する(続きはこちらで。写真は著者の小内亨氏)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正