2004.07.22

バルーン不良の心臓ステント、自主回収を開始

 東京都と医薬品医療機器総合機構は7月21日、ボストン・サイエンティフィック ジャパンが輸入販売しているステントの特定ロットでクラス1(重篤な健康被害または死亡の原因になりうる)に相当する不具合があり、同社が自主回収を開始したと発表した。

 今回、自主回収が行われる製品は、「エクスプレス コロナリーステント」で、米Boston Scientific社が製造したもの。国内では該当するロットの製品は347医療施設に705本が出荷されている。

 不具合は、ステントを留置する際に狭窄した冠動脈を拡張するためのバルーンが収縮しにくくなる欠陥。デリバリーシステム(カテーテル)内のルーメン(内腔)が部分的に狭くなっていて、バルーンを拡張するために注入した造影剤が抜けなくなり、バルーンが収縮しにくくなる。この不具合により、ステントを留置した後、カテーテルの抜去がしにくくなり、手術時間が延びることなどで重篤な健康被害が発生する可能性が否定できないとして、自主回収を決めた。

 米Boston Scientific社によれば、全世界での回収総数は、ベアメタル型のエクスプレス(米国の販売名はExpress2)約1万1000本と薬剤溶出型のTaxus Express2(日本では現在承認申請中で未発売)約8万5000本の計9万6000本に及ぶ。この不良に関連して、全世界で両製品合わせて3人が死亡、43人が重大な傷害を蒙ったという報告を受けているという。ステント自体には問題はなく、既にステント留置を終えている患者への影響はない。この事故の発生のため、Boston Scientific社は、7月19日に予定していた第2四半期の業績発表を延期した。

 自主回収についての問い合わせ先など詳細は、東京都のプレスリリース、または医薬品医療機器総合機構の発表を参照されたい。米Boston Scientific社のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132