2004.07.21

FDAがボツリヌス毒素を重度の腋窩多汗症治療に承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月20日、局所的制汗剤などではコントロールできない重度の原発性腋窩多汗症に対し、ボツリヌス毒素A型の治療への応用を承認した。ボツリヌス毒素A型を少量注射することで、アセチルコリンの分泌を止め、腋の下の発汗を促す神経を一時的に遮断することができるという。

 合わせて600人超を対象に行った2つの多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験では、ボツリヌス毒素A型を投与した群が、プラセボ群に比べ、腋の下の発汗を有意に減らすことができたという。このうち一方の治験では、投与後4週間で発汗量が半減した人は、プラセボ群では36%だったのに対し、治療群では91%だった。

 ボツリヌス毒素A型は、ボツリヌス菌が作る蛋白質。FDAは1989年、眼瞼けいれんと斜視の治療に対し、初めてボツリヌス毒素A型を承認している。

 ボツリヌス毒素A型の製造元は、Allergan社(カリフォルニア州Irvine)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385