2004.07.21

FDAがボツリヌス毒素を重度の腋窩多汗症治療に承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月20日、局所的制汗剤などではコントロールできない重度の原発性腋窩多汗症に対し、ボツリヌス毒素A型の治療への応用を承認した。ボツリヌス毒素A型を少量注射することで、アセチルコリンの分泌を止め、腋の下の発汗を促す神経を一時的に遮断することができるという。

 合わせて600人超を対象に行った2つの多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験では、ボツリヌス毒素A型を投与した群が、プラセボ群に比べ、腋の下の発汗を有意に減らすことができたという。このうち一方の治験では、投与後4週間で発汗量が半減した人は、プラセボ群では36%だったのに対し、治療群では91%だった。

 ボツリヌス毒素A型は、ボツリヌス菌が作る蛋白質。FDAは1989年、眼瞼けいれんと斜視の治療に対し、初めてボツリヌス毒素A型を承認している。

 ボツリヌス毒素A型の製造元は、Allergan社(カリフォルニア州Irvine)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182