2004.07.21

FDAがボツリヌス毒素を重度の腋窩多汗症治療に承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月20日、局所的制汗剤などではコントロールできない重度の原発性腋窩多汗症に対し、ボツリヌス毒素A型の治療への応用を承認した。ボツリヌス毒素A型を少量注射することで、アセチルコリンの分泌を止め、腋の下の発汗を促す神経を一時的に遮断することができるという。

 合わせて600人超を対象に行った2つの多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験では、ボツリヌス毒素A型を投与した群が、プラセボ群に比べ、腋の下の発汗を有意に減らすことができたという。このうち一方の治験では、投与後4週間で発汗量が半減した人は、プラセボ群では36%だったのに対し、治療群では91%だった。

 ボツリヌス毒素A型は、ボツリヌス菌が作る蛋白質。FDAは1989年、眼瞼けいれんと斜視の治療に対し、初めてボツリヌス毒素A型を承認している。

 ボツリヌス毒素A型の製造元は、Allergan社(カリフォルニア州Irvine)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正