2004.07.21

WHO、トリインフルエンザ感染国にウイルス株の提供を要請

 世界保健機関(WHO)は、この6〜7月になって、タイや中国などアジアの複数の地域で高病原性トリインフルエンザが同時多発的に再燃しているを懸念し、感染国に対し、すべてのトリインフルエンザウイルス株をWHOの研究ネットワークに迅速に提供するよう要請している。

 WHOでは、提供を受けたウイルスサンプルをもとに、米疾病対策センター(CDC)や日本の国立感染症研究所などを含むWHOの研究ネットワークを中心に研究を進め、ワクチン株の試作品や製造ガイダンスを各国に供給している。「ウイルスサンプルの提供がなければ、こうした作業は不可能」としている。

 WHOでは併せて、保護服などによる個人の防御に加え、混合感染を防ぐための通常のヒト型インフルエンザワクチン接種や抗ウイルス薬の予防投与など、流行地域における感染対策を徹底するように呼び掛けている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180