2004.07.21

WHO、トリインフルエンザ感染国にウイルス株の提供を要請

 世界保健機関(WHO)は、この6〜7月になって、タイや中国などアジアの複数の地域で高病原性トリインフルエンザが同時多発的に再燃しているを懸念し、感染国に対し、すべてのトリインフルエンザウイルス株をWHOの研究ネットワークに迅速に提供するよう要請している。

 WHOでは、提供を受けたウイルスサンプルをもとに、米疾病対策センター(CDC)や日本の国立感染症研究所などを含むWHOの研究ネットワークを中心に研究を進め、ワクチン株の試作品や製造ガイダンスを各国に供給している。「ウイルスサンプルの提供がなければ、こうした作業は不可能」としている。

 WHOでは併せて、保護服などによる個人の防御に加え、混合感染を防ぐための通常のヒト型インフルエンザワクチン接種や抗ウイルス薬の予防投与など、流行地域における感染対策を徹底するように呼び掛けている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94