2004.07.21

WHO、トリインフルエンザ感染国にウイルス株の提供を要請

 世界保健機関(WHO)は、この6〜7月になって、タイや中国などアジアの複数の地域で高病原性トリインフルエンザが同時多発的に再燃しているを懸念し、感染国に対し、すべてのトリインフルエンザウイルス株をWHOの研究ネットワークに迅速に提供するよう要請している。

 WHOでは、提供を受けたウイルスサンプルをもとに、米疾病対策センター(CDC)や日本の国立感染症研究所などを含むWHOの研究ネットワークを中心に研究を進め、ワクチン株の試作品や製造ガイダンスを各国に供給している。「ウイルスサンプルの提供がなければ、こうした作業は不可能」としている。

 WHOでは併せて、保護服などによる個人の防御に加え、混合感染を防ぐための通常のヒト型インフルエンザワクチン接種や抗ウイルス薬の予防投与など、流行地域における感染対策を徹底するように呼び掛けている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449