2004.07.21

WHO、トリインフルエンザ感染国にウイルス株の提供を要請

 世界保健機関(WHO)は、この6〜7月になって、タイや中国などアジアの複数の地域で高病原性トリインフルエンザが同時多発的に再燃しているを懸念し、感染国に対し、すべてのトリインフルエンザウイルス株をWHOの研究ネットワークに迅速に提供するよう要請している。

 WHOでは、提供を受けたウイルスサンプルをもとに、米疾病対策センター(CDC)や日本の国立感染症研究所などを含むWHOの研究ネットワークを中心に研究を進め、ワクチン株の試作品や製造ガイダンスを各国に供給している。「ウイルスサンプルの提供がなければ、こうした作業は不可能」としている。

 WHOでは併せて、保護服などによる個人の防御に加え、混合感染を防ぐための通常のヒト型インフルエンザワクチン接種や抗ウイルス薬の予防投与など、流行地域における感染対策を徹底するように呼び掛けている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385