2004.07.21

シーメンスと持田製薬、超音波診断機器事業拡大で業務・資本提携

 持田製薬は7月16日、独Siemens社と日本における超音波診断機器事業の拡大を目指し、業務・資本提携を行うことについて合意したと発表した。

 持田製薬の100%子会社である持田製薬メディカルシステムは、独Siemens社の子会社であるシーメンス旭メディテックから、超音波診断機器事業について営業譲渡を受け、さらに今年8月31日までに独Siemens社の子会社であるシーメンスが持田製薬メディカルシステムの発行済み株式の35%に相当する株式を保有する。シーメンスによる株式取得後、持田製薬メディカルシステムは「持田シーメンスメディカルシステム」に社名を改める。出資比率は少なくとも当初3年間は変更せず、新会社の社長も現在の持田製薬メディカルシステム社長が引き続き就任予定としている。

 本件についての持田製薬のプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13