2004.07.20

コンビニなどで医薬品販売、7月30日から371品目が可能に

 厚生労働省は7月16日、「安全性に特に問題がないもの」として選定された一般用医薬品を医薬部外品に移行させることで、7月30日からコンビニエンスストアなどの一般小売店で販売することを認めた。2003年6月27日に閣議決定された「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2003」を受けたもので、371品目が医薬部外品に移行する。

 医薬部外品に移行する品目の範囲については、「人体に対する作用が緩和なもの」と限定し、健胃薬、整腸薬、消化薬など15区分においてそれぞれ具体的な作用などについて明確化した。例えば健胃薬においては、「胃のもたれ、食欲不振、食べ過ぎ飲み過ぎ等の諸症状を改善することが目的とされているものであって、内服剤であるもの」としている。

 新たに医薬部外品として指定されたものは、健胃薬ではエビオス錠やセンブリ錠など10品目、整腸薬では新ビオフェルミンS錠やヤクルトBL整調薬など33品目、ビタミンを保有する保健薬ではキューピーコーワゴールドAやポポンS錠など148品目などの合計371品目。

 なお、移行品目の表示については、医薬部外品であることが分かるように、販売名と同一面に記載することなどを求めている。
(川崎慎介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急