2004.07.20

神奈川県保険医協会、2004年改定影響度調査の結果を公表 実質的にマイナス1.0%を超える下げ幅に

 神奈川県保険医協会はこのほど、2004年診療報酬改定の影響度調査を実施し、その結果を公表した。それによると2004年4月については、実質的に“公称改定率”のマイナス1.0%を超える下げ幅になっていることが分かった。

 調査対象は同協会の会員である234診療所・病院(無床診療所212、有床診療所3、病院19)で、各医療機関について2004年4月と2003年4月のレセプトを比較した。その結果、例えば、外来(無床診療所)の場合、2004年4月実績は前年比で総点数が1.5%増、総件数が4.5%増、総実日数が5.2%増と、いずれもプラスになった。一方、1日当たり点数は3.5%減、1件当たり点数は2.8%減と、いずれもマイナスを記録している。

 同県保険医協会では「2003年4月は社会保険本人の3割負担が始まった月で、患者の受診抑制が顕著に表れたため、2004年4月の実績が相対的に高めに出た。1日当たり点数や1件当たり点数で比較するのが妥当であり、そうしてみると改定によるダメージは厚生労働省が公表したマイナス1.0%を超えている」と話している。(村松謙一、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:319
  2. インフルエンザ治癒証明に意義なし REPORT FBシェア数:983
  3. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:6
  4. 最悪の事態は油断とともにやってくる 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  5. 時代とともに失われたナースのスキル 病院珍百景 FBシェア数:23
  6. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:70
  7. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:225
  8. 血糖管理はHbA1cを見るだけでは不十分 リポート◎糖尿病の新管理指標「血糖トレンド」に注目集まる FBシェア数:855
  9. 「無診察リハ」で2年分の診療報酬を自主返還 クリニック事件簿 FBシェア数:287
  10. 放射線アブレーションによる心室頻拍治療 NEJM誌から FBシェア数:61
医師と医学研究者におすすめの英文校正