2004.07.20

神奈川県保険医協会、2004年改定影響度調査の結果を公表 実質的にマイナス1.0%を超える下げ幅に

 神奈川県保険医協会はこのほど、2004年診療報酬改定の影響度調査を実施し、その結果を公表した。それによると2004年4月については、実質的に“公称改定率”のマイナス1.0%を超える下げ幅になっていることが分かった。

 調査対象は同協会の会員である234診療所・病院(無床診療所212、有床診療所3、病院19)で、各医療機関について2004年4月と2003年4月のレセプトを比較した。その結果、例えば、外来(無床診療所)の場合、2004年4月実績は前年比で総点数が1.5%増、総件数が4.5%増、総実日数が5.2%増と、いずれもプラスになった。一方、1日当たり点数は3.5%減、1件当たり点数は2.8%減と、いずれもマイナスを記録している。

 同県保険医協会では「2003年4月は社会保険本人の3割負担が始まった月で、患者の受診抑制が顕著に表れたため、2004年4月の実績が相対的に高めに出た。1日当たり点数や1件当たり点数で比較するのが妥当であり、そうしてみると改定によるダメージは厚生労働省が公表したマイナス1.0%を超えている」と話している。(村松謙一、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48