2004.07.20

抗体医薬“コストの壁”、この技術で破る−−日経バイオビジネスの特集

最新号表紙画像 抗体医薬市場の拡大と共に、抗体医薬の高いコストが問題になってきた。生産系の改良や血中半減期の延長、活性を高める技術、“アゴニスト抗体”探索…。抗体医薬の低価格化を成し遂げるための方法は幾つもある。低価格化が実現すれば、抗体医薬は新しい成長フェーズに入る。

 日経バイオビジネス8月号では、「抗体医薬“コストの壁”、この技術で破る」について特集しています。このほかの主な内容は以下の通り。

特別リポート
 アンジェスMG創業者、森下竜一・大阪大学教授に聞く
 リクルート事件とは違う

 個別化医療、遺伝子治療、RNAiなど、話題満載の
 「BIO2004」リポート

インタビュー
 ファーマフーズ研究所社長・金武作氏
 鶏卵抗体を年間100t供給へ、抗体医薬への展開も視野に
 
 詳しくは、日経バイオビジネス8月号(7月15日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0