2004.07.20

海外渡航でのコレラ感染多発、8割弱がフィリピンで感染−−感染研が注意を呼び掛け

 海外でコレラに感染し、国内で確認される例が今年6月に多発した。例年のピークは7〜9月で今後患者数が増える可能性もあり、国立感染症研究所感染症情報センターでは注意を呼び掛けている。

 2004年第27週までのコレラの累積報告数は26例だった。近年の年間報告数は、2000年が58例、2001年50例、2002年51例、2003年25例であり、例年に比べて目立って増えているわけではない。しかし、今年は26例中18例が6月に発症している。6月としては例年に比べて非常に多く、過去5年間の月別年間最高値も上回っている。

 18例のうち14例の推定感染国がフィリピンであり、同国での感染多発が今年6月の報告数激増の原因になっていると言える(図、感染症週報2004年1〜27週のデータを基に作成)。感染者は全員男性で、菌の血清型は検査中の1例を除き、O1エルトール小川型だった。訪問地域や食べた食品などの疫学的な関連性は見られなかったという。

 感染症情報センターでは、例年ピークを迎える7〜8月の増加が危惧されるとして、コレラ流行地域に渡航する場合には生水や氷、生の魚介類、生野菜、カットフルーツなどを避け、体調管理に注意するように呼び掛けている。

 詳しくは感染症週報第27週を参照(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95