2004.07.20

海外渡航でのコレラ感染多発、8割弱がフィリピンで感染−−感染研が注意を呼び掛け

 海外でコレラに感染し、国内で確認される例が今年6月に多発した。例年のピークは7〜9月で今後患者数が増える可能性もあり、国立感染症研究所感染症情報センターでは注意を呼び掛けている。

 2004年第27週までのコレラの累積報告数は26例だった。近年の年間報告数は、2000年が58例、2001年50例、2002年51例、2003年25例であり、例年に比べて目立って増えているわけではない。しかし、今年は26例中18例が6月に発症している。6月としては例年に比べて非常に多く、過去5年間の月別年間最高値も上回っている。

 18例のうち14例の推定感染国がフィリピンであり、同国での感染多発が今年6月の報告数激増の原因になっていると言える(図、感染症週報2004年1〜27週のデータを基に作成)。感染者は全員男性で、菌の血清型は検査中の1例を除き、O1エルトール小川型だった。訪問地域や食べた食品などの疫学的な関連性は見られなかったという。

 感染症情報センターでは、例年ピークを迎える7〜8月の増加が危惧されるとして、コレラ流行地域に渡航する場合には生水や氷、生の魚介類、生野菜、カットフルーツなどを避け、体調管理に注意するように呼び掛けている。

 詳しくは感染症週報第27週を参照(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:244
  2. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:653
  3. 肺野陰影の濃度差はなぜ生じるのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  4. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:81
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:23
  6. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  7. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:773
  9. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:42
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:2