2004.07.16

カルニチンで精子が元気になる! 精子無力症患者30人中4人で、おめでた

 ダイエットサプリメントとして人気のLカルニチンと、その代謝産物であるアセチルLカルニチンを一緒にとると、精子の動きが良くなることがわかった。米国生殖医学会が発行する学術誌「Fertility and Sterility」6月号に掲載された研究結果による。

 この研究は、精子の運動率が低下した精子無力症の患者(20〜40歳の男性)を対象に行った、イタリアでの二重盲検試験。60人の精子無力症患者を2グループにわけ、一方には、Lカルニチン(1日2g)とアセチルLカルニチン(1日1g)を、もう一方にはプラセボを、6カ月間のませた。
 
 するとカルニチン摂取群では、精子の濃度、前進運動率、トータルの運動率、の全てがプラセボ群より良くなった。特に、試験開始時の精子の活動度が悪かった人たちで、顕著な改善がみられた。また、試験期間中にカルニチン摂取群の4人のパートナーが、自然妊娠したという。

 Lカルニチンは、エネルギー代謝に不可欠なアミノ酸の仲間。自然界では、牛肉や羊肉に多く含まれている。脂肪分を細胞内の燃焼工場であるミトコンドリアに運んで燃やす作用を持つことから、ダイエットサプリメント成分としての認知度が高い。しかし、実は「精子の運動」にも大切な成分であることが最近わかってきた。

 精子の運動のエネルギー源になるのは、ミトコンドリアが作り出すATPという物質で、ミトコンドリアは精子の尻尾(鞭毛)の部分にある。ちなみに、授精のときに尻尾が切り離されるので、精子のミトコンドリアは受精卵の中には入らない。

 LカルニチンやアセチルLカルニチンは、このミトコンドリアの働きを高め、ATPをたくさん作らせるようにする。実際、精子の運動が活発な人では、精液中にLカルニチンとアセチルLカルニチンが高濃度で存在する。

 なお、今回の試験で使ったLカルニチンの量は、ダイエットサプリメントとしての摂取目安量(1日100〜500mg、上限1000mg)よりずっと多い。精子の運動能力を改善するためには、ダイエット目的のときよりもたくさんのまなければならないわけだが、カルニチンが精子を元気にする作用を持つとは、ちょっとうれしい話かも。

 この論文のタイトルは、「A placebo-controlled double-blind randomized trial of the use of combined -carnitine and -acetyl-carnitine treatment in men with asthenozoospermia」。アブストラクトは、こちらまで。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25