2004.07.16

カルニチンで精子が元気になる! 精子無力症患者30人中4人で、おめでた

 ダイエットサプリメントとして人気のLカルニチンと、その代謝産物であるアセチルLカルニチンを一緒にとると、精子の動きが良くなることがわかった。米国生殖医学会が発行する学術誌「Fertility and Sterility」6月号に掲載された研究結果による。

 この研究は、精子の運動率が低下した精子無力症の患者(20〜40歳の男性)を対象に行った、イタリアでの二重盲検試験。60人の精子無力症患者を2グループにわけ、一方には、Lカルニチン(1日2g)とアセチルLカルニチン(1日1g)を、もう一方にはプラセボを、6カ月間のませた。
 
 するとカルニチン摂取群では、精子の濃度、前進運動率、トータルの運動率、の全てがプラセボ群より良くなった。特に、試験開始時の精子の活動度が悪かった人たちで、顕著な改善がみられた。また、試験期間中にカルニチン摂取群の4人のパートナーが、自然妊娠したという。

 Lカルニチンは、エネルギー代謝に不可欠なアミノ酸の仲間。自然界では、牛肉や羊肉に多く含まれている。脂肪分を細胞内の燃焼工場であるミトコンドリアに運んで燃やす作用を持つことから、ダイエットサプリメント成分としての認知度が高い。しかし、実は「精子の運動」にも大切な成分であることが最近わかってきた。

 精子の運動のエネルギー源になるのは、ミトコンドリアが作り出すATPという物質で、ミトコンドリアは精子の尻尾(鞭毛)の部分にある。ちなみに、授精のときに尻尾が切り離されるので、精子のミトコンドリアは受精卵の中には入らない。

 LカルニチンやアセチルLカルニチンは、このミトコンドリアの働きを高め、ATPをたくさん作らせるようにする。実際、精子の運動が活発な人では、精液中にLカルニチンとアセチルLカルニチンが高濃度で存在する。

 なお、今回の試験で使ったLカルニチンの量は、ダイエットサプリメントとしての摂取目安量(1日100〜500mg、上限1000mg)よりずっと多い。精子の運動能力を改善するためには、ダイエット目的のときよりもたくさんのまなければならないわけだが、カルニチンが精子を元気にする作用を持つとは、ちょっとうれしい話かも。

 この論文のタイトルは、「A placebo-controlled double-blind randomized trial of the use of combined -carnitine and -acetyl-carnitine treatment in men with asthenozoospermia」。アブストラクトは、こちらまで。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:162
  2. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:147
  3. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:25
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  5. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》 FBシェア数:111
  6. 胸背部痛、呼吸苦で救急を受診した60歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 「ビットコイン」の技術は医療にも トレンド◎ブロックチェーンを電子カルテなどの情報基盤に活用 FBシェア数:40
  8. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:41
  9. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:27
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:85
医師と医学研究者におすすめの英文校正